2018年4月23日 (月)

スカッシュ250 ガソリンタンク製作

バイクを走らせる為には燃料が必要です。

 

その燃料貯蔵場所はどうしましょう?

 

 

 

フレーム加工で元のガソリンタンクは消失してしまったし。

 

 

 

外部タンク?

 

 

 

いやいや、見た目純正そのままで仕上げたいのでカウル内部に収めたいです。

 

シート下で唯一開いているスペースが、テールランプの裏側です。

 

 

いろんなパーツがきっしり詰まった中限られた空きスペースで、とてもいびつな形になりますのでイチから作ります。
 

DSCN2349

 

DSCN2350

 

DSCN2355

 

DSCN2356

 

DSCN2357

 

出来ました!

 

容量は約1リットルですが・・・

 

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

シリンダーヘッドの真上、クリアランスが1センチ位なんだけど、移り熱でガソリン燃えませんか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

何でそんなに意地を張るんですか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

スカッシュ250「チャンバー」作り

よし、フォーク問題は解決しましたから、マフラー製作に入りましょう!

 

テールはJhaのサイレンサーありますのでそれを使いましょう!

え?何?4スト? サイレンサーが違う? 横浜美術館での2スト後方排気風CBR250RR、炎天魔人のyouちゃんもやってたんやん。

 

DSCN2313

 

溶接!!

 

DSCN2315

 

チャンバー本体は板金展開ツールを駆使してな。

 

DSCN2325

 

スカッシュのエンジンって何cc? 何ストだっけ? 2スト?4スト?

 

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

中身はどうなってんの?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

それって速くなるんですか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

ちゃんと計算されて製作しているんでしょうか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

GARAGE 真琴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

新エンジン購入!

DSCN2307

 

アドレス110のエンジンです。

 

 

 

RS125シリンダー装着のエンジンを作りたく腰上のみ進行しましたが、腰下はなかなか・・・

 

アドレス110って・・・クランクピンが緩むトラブルが多発するのでそのままクランクが使えるエンジンを見つけるのに時間が掛かりましたわ~

 

ホイールはストマジの物なんですが、ちとデカイな・・・


愛車の’92セピアZZに装着しょうと目論んでいますが・・・

60キロの速度域からパワーウィリーの体験をしたいわ~


完成はいつになるだろう・・・?

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

スカッシュ250 フォーク問題

例のスカッシュ250です。

 

DSCN2293

一見、うまくまとまっている様見えますが、異車種移植や、スワップとなると色々な問題が発生します。

この様に「フォーク問題」を抱えています。

 

DSCN2294

 

純正と同じ車高を維持するにはこうしなければいけません。

 

そのままストローク0にして、飛び出たインナーカットすれば解決は出来ますが、見栄や、走行性が問題です!

 

真琴は両方とも解決させます!

 

DSCN2361

 

はい、やっちゃいました!

 

純正と同等ストローク量を確保しつつ、全長を短くさせました!

 

そこに行き着くまで頭悩ましながらこんなに作りました・・・

お蔭様でフォークとはどう言うものなのかかなり勉強しました!

躍動面にわずかな少しのズレがあったら「アウトー」なので冶具製作の方が何倍もコストが掛かり精度も大変でした。

 

DSCN2375

 

 

 

うん、いい感じ!

 

DSCN2376

 

フェンダーが無いと間抜けだなぁ。

 

カウルカット無し!

 

DSCN2377

 

ギリギリです!

 

DSCN2378

 

これて完成への道が開かれました!!

GARAGE 真琴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

アルミ溶接練習 レバー修理

フロントブレーキレバーの先端が欠けたレバーがありましたので、アルミ溶接で修復形成をしてみました。

 

DSCN2286

 

修復後

 

DSCN2288

 

それなりに出来たな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

コンプレッサーがぁぁぁ・・・

いつもの様にエアブローしてな。

 

エア圧が下がってコンプレッサーが回る音がします。

 

突然 「バキャッ!」と音を立ててエア圧が上がらなくなり、しかも、金属と叩き合っている音がする!

 

恐る恐るコンプレッサの所見に行ったら変な穴があるよ。

 

とりあえず分解。

 

DSCN2066

 

横側を見ると・・・

 

DSCN2067

 

拡大!

 

DSCN2068

 

さらに拡大!

 

DSCN2069

 

クランクは見えますがコンロッドが割れてます。

 

何かの原因で一時ピストンがロックしてコンロッドを破壊したようです。

 

うわぁ・・・ベルトサンダーとかボール盤買ってお金が無いのに・・・

 

メーカーに問い合わせたら・・・古すぎで修理は出来ませんとさ・・・

 

 

 

コンプレッサは必要なので大至急、同型の中古品を探しまくって・・・

 

見つけました!

 

DSCN2076

 

真琴の得意な「エンジン載せ変え」で無事復活しました。

 

は~この頃諭吉様が飛んで行くなぁ・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

工作機械導入!

新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願いします!

製作技術が上がれば上がるほど要求レベルが上がります。

 

そして、沢山生産するには効率も求められます。

 

無理をして買っちゃいました。

 

DSCN1924

 

ベルトグラインダーとボール盤

 

パープルメタリック塗装済みですが、元々はドリルチャックなし、レバー戻しバネ折れ、ベルト切れ、スイッチ内部接点不良など、ありましたので全て分解清掃塗装組み立てしました。

 

ベルトグラインダーは 写真の部分折れていましたので、治具を作って溶接修理しました。

 

DSCN1927

 

全て修理完了!

 

DSCN1931

 

DSCN1932

 

DSCN1930

 

ハードディスクの強力磁石を使って・・・

 

DSCN1934

 

今まで使ったボール盤

 

DSCN1935

 

剛性と精度が足りないので穴が微妙にずれてしまいます。

 

今までいっぱい穴を開けてくれてありがとうございました!

 

では、頑張らねば~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

アストロバイクジャッキ 部品製作

以前ドリ有名人様から頂いたアストロ平面ジャッキですが・・・

 

DSCN1892

 

 

 

本当はバイクの底、U字持ち上げ君みたいなオプションパーツがありますが、どっか行っちゃったようでありませんです。

 

だった2000円くらいで買えるものだけど・・・購買意欲が湧かないままズルズルと。

 

重い腰を上げて・・・

 

ガレージにある端材を集めて・・・

 

 

 

DSCN1895

 

 

 

 

とりあえずそれらしく。

 

持ち上げる君の棒はどうしょうかな・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

ツールカート 追加装備!

とてもシンプルなツールカートを作りましたが、ちょっと気に入ってしまったな。

 

なんかな~ちょっと物足りないな。

 

以前棚は3個あったよな。 もう1枚はどこいったんだ?

 

大きなトレーの収納も欲しいな。

 

ソケットコマ用収納も欲しいな。

 

キッチンペーパー掛けも欲しいな。

 

欲求が無限です。

 

そのわがままな欲求をかなえるには自作品が一番!

 

こうしてな。

 

DSCN1874

 

DSCN1875

 

3段+1段収納完成

 

DSCN1876

 

さらにソケットコマトレー&キッチンペーパー掛けを。

 

DSCN1877

 

DSCN1878

 

最終的にこのようになりました。

 

まだ拡張は出来るけどスチールのアングル使いまくりなので重量が・・・


ま~以前よりはにぎやかになって楽しくなれるかな?

 

DSCN1880

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

アドレスV125 プーリー加工

かなり前ブログを通じてアドレスV100のクランク交換などの依頼作業のお客様が久しぶり連絡が来ました。

 

今回はアドレスV125Gの駆動系純正加工してほしいの事でした。

 

とりあえず、現物を送ってもらい、机上検討をした結果、改善の余地ありと判断し、壁落としとフェイス面研磨をしました。

 

DSCN1860

 

DSCN1861

 

プーリーの細大変速まで使い切ってないので期待値が高かったですが・・・

 

 

 

返送して、お客様が装着テストの結果、1、2キロしか最高速が上がって無いそうでした・・・(武川のデジタルメーター読み)

 

まさか!の結果です! 今までは大抵+5キロは確実に上げられたのに! 何が悪かっただろうか? セカンダリ側の落とし込みが足りないのか・・・? 駆動系は奥が深い・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

ツールカート自作

以前と違って四輪の世界にも足踏み入れました。

 

真琴が作業している風景を人の目をさらす機会が増えてきました。

 

ある人から「工具の扱いガナ~」 と言われたり、車部交換するのに工具はこれだけ??とも言われたり・・・

 

工具と扱いに対して酷評をもらってます。

 

真琴にしては大事になくさないよう管理しているつもりなんだけどな~

 

実際、工具は青箱に収納しては床に散らばっていますので・・・

 

DSCN1828

 

ま~意識改革としてツールカートを作るか。

 

実言うと赤の市販ツールカートは買う気になれないんですわ。

 

去年H尾さんから頂いたカートはこんなん居ついてしまったし。

 

DSCN1829

 

ガレージにあるものだけでツールカートを作ることにしましょう!

 

ガレージにあったL字アングルを。

 

DSCN1830

 

そして、大昔ハイエース車内ラックで使った棚2枚

 

TIGでなく久しぶり半自動を引っ張り出してな。

 

DSCN1831

 

ノンガスワイヤーを使い切りたいのが本音ですけどね。

 

はい、とりあえず出来ました!

 

DSCN1839

 

L字アングル、ラックの鉄板裏返し、イスのキャスター4個 0円でできました。

 

意識改革が出来ればいいな。


GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

電動バリカン修理

真琴のひげ剃りはバリカンを使います。

 

このバリカンの刃部分の構造欠陥なのか、この抑えるパーツが割れます。

 

その刃だけ買うのに、2500円もするんよ・・・

 

 

 

ネットで直し方の情報があったので真似てな。

 

DSCN1556

 

DSCN1557

 

ボルトの余分な部分カットして完成!

 

DSCN1558

 

DSCN1559

 

使用感はまったく問題なし。 しかし、ボルトの位置が悪かったのか、カチッとした感じで刃がはまらないが、まったく使えないよりはマジでしょう。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

フォーク ステム打ち変え

ハイにディオフォークを取り付く為のステム打ち変えです。

 

DSCN1523

 

ステム打ち変え作業でおなじみの写真

 

DSCN1530

 

 

 

 

 

 

ハイ側は・・・

 

DSCN1532

 

大仕事です!

 

補強の入っているV100ステムを何とか50cc用のアウターレース入れる作業と比べてすごく楽です。 あれはもうやりたくないわ~

 

シャフトになりました。

 

DSCN1535

 

 

 

溶接して完成!!

 

DSCN1538

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

アルミ溶接での造形

練習も兼ねてアルミ溶接造形チャレンジをしました。

 

 

 

ブツは250スク用のレイダウンマウント。

 

それを前方オフセットショックブラケットへ変身させます。

 

 

 

完成品はこちら。

 

DSCN1513

 

うまく出来たな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

2ストノマフ内部洗浄!

いくらアクセルあおっても白煙が止まないスズキのハイのノーマルマフラー。

 

アセチレンで焼けば一発だが、あいにくレギュレータの止める部分破損で使えない。

 

ならばケミカルで。

 

パイプユニッシュをぶち込んでこんなんして1週間。

 

DSCN1472

 

1週間後・・・

 

DSCN1473

 

お、イケてるな。

 

水洗い!

 

DSCN1474

 

装着してプリッと最後っ屁!

 

DSCN1475

 

白煙はかなり減りました!

GARAGE 真琴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

コンタマシンの刃溶接

大きなコンタマシン所有してますが、刃の溶接機構が壊れています・・・

 

 

 

溶接済みの刃はすげぇ高い!

 

 

 

超低電流TIG溶接ではなかなか難しい。

 

 

 

ろう付けでは簡単に出来ると話聞きました。

 

 

 

真琴は大昔東芝のエアコンの銅パイプ配管ロウ付け組み立ての仕事してまして、東芝社内資格でろう付け技能銀バッジを取得してました。

 

 

 

20数年ぶりのろう付けですが、腕はなまってないかな?

 

DSCN0574

 

 

 

今回は銀ろうでやります。

 

 

 

こんな風にしてな。

 

DSCN0578

 

 

 

盛っている部分を平らにして完成。

 

DSCN0579

 

問題なく使えました!

 

あ~良かった!

GARAGE 真琴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

どうするべ~?

DSCN1410

 

あれからずっと放置・・・ ほこり被ってしまってるし・・・

 

あと、VT250FEプロアームも・・・ プロアーム取り付けられたのを満足してすっかり放置・・・

 

アドレス110+RSシリンダー製作も下駄出来てそのまま放置・・・

 

これが真琴の悪い部分ですな~

どうしても取り付けたいパーツが取り付けられたらそこで満足してしまってあとはもうどうてもいいってな感じ。

だからコンプリートマシン作りとかテスト走行が嫌いなんだよね・・・

 

ま~気長に考えることにするか。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

プレスでな~んとなく

な~んとなくガレージに居たら・・・

 

 

 

アドレスV100のベアリングが逝かれたクランクが出てきました。

 

 

 

そうやったな・・・

 

 

 

セピア系スクーターで唯一分解出来なかった部分がクランクシャフトの分解やったもんなぁ・・・

 

 

 

以前万力で分解を試して見ましたが、2ミリくらいピンが出てこれ以上は無理でした。

 

 

 

でも今はプレスがあります!

 

 

 

試して見ましょう!

 

 

 

DSCN0723

 

うわ~バキバキ言わしながらピンが降りてくる~

 

 

 

DSCN0724

 

分解出来ました!

 

これでバイクの部品バラせるものは全てバラしたかな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

Garage 真琴 車内看板製作2

細い線を彫るには100円ショップの800円リュータービットでは太すぎ。

 

 

 

オプションの4本入りビットを探したけど全店在庫なし。

 

誰が買い占めてんだ・・・?

 

仕方ないからこんなのを買いました。

 

 

 

DSCN0452

 

 

 

 

 

多少彫り間違いをしつつ、完成しました!

 

DSCN0453

 

 

 

光らしたら感動!!!!!!

 

 

 

DSCN0454

 

 

 

ちなみにパープルではこんな感じ!!

 

DSCN0639

 

いや~いいもの作ったな~

 

 

 

今度は看板+ブラックホールのを作ろうか!

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

Garage真琴 車内看板製作

とあるページを見たら・・・

 

アクリル加工でカッコいい物が作れるぞ! の話で真琴も作りたくなりました。

 

 

 

リューターか、とりあえず、100円ショップのリューターを!

 

 

 

DSCN0442

 

100円ショップで単品800円の物・・・

 

アクリル板は・・・

 

 

 

壊れた液晶モニタの中分解すると厚み1センチ近くのアクリル板が取れます。 これを使います。

 

 

 

デザインはこんな感じでええか。

 

DSCN0445

 

DSCN0446

 

彫っている最中我慢できなくなってちょっと光らし。

 

DSCN0447

 

おお!いいですね! これは楽しみです!

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«依頼製作