« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

サンドブラストキャビネット2

今日はサンドブラストキャビネットの砂受けを作りました。

1枚の鉄板から切り出して溶接して、出来上がったものはこれ。

半日掛かりました。

疲れました。

おしまい。

06290001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ミニトレ 細かい部分加工&サンドブラストキャビネット

しばらく更新サボったのでまとめて報告します。

まずはミニトレの細かい部分加工です。

06240001

YPVSモーターはこの位置へ。

カミさんのミニトレは反対側に取り付けていて、ワイヤの負担が大きそうやから30分ほど考えて、この位置にしました。

最高速チャレンジ(どこで?)するときニーグリップすると多少足が当たる位置ですが・・・まぁいいや。取り付け場所はここしかないもん。 でもTZR250のワイヤは長かったような?調べとこ。

次はラジエータの配管です。

上から

06240002

横から見て

06250003

ミニトレのタンクのうらは逆Uの字になっていて、干渉しないよう配管したらこんなんです。

次はイグニッションコイル

部品箱の中に何故かRS125のイグニッションコイルがあったのでステーを作って取り付けました!

06250001_1

上の穴の裏はナットを溶接してあります。

取り付け位置はノーマルの同じ位置です。ギリギリ取り付きました!

06250002

次はPWK28キャブの加工!

トップをバナナ管に替えたが、いくらワイヤ調整しても全閉になりません。 つまり、ワイヤの長さが足りないのです。

あと1センチ欲しい!ならば加工!

元々はこれ

06270001

ネジ切り加工後

06270004

カーット!

06270005

ビフォーアフター

06270003

無事全閉する事ができました。ありがとうございました。

06270002

次はスロットル部分

RZ125のワイヤを使うので固定部分が違うのでカラーを作ってこの様に固定しました。

06280001

最後にTZR50トップブリッジを加工して、ハンドルブラケットを付けました!

06270006

一応部品を組み付けて見ました。

06280003

ハンドルがあるとイメージが変わりますな。うんうん、いい感じに仕上がってます!

後はエンジンOHと再塗装だなぁ。

そろそろサンドブラストの出番だな。

キャビネットを作らないと~!買うと高いですから~!

と、工場内にある材料でここまで出来ました!

06280004

こないだ、チャンバーを作るために買っておいた鉄板

06280005

1ミリ厚4X8(120X240)で値段は・・・安いなぁ。マフラー屋はガッポリだなぁ・・・と真琴は思ったのですが・・・マフラー屋さんはノウハウがあるからこそ儲かるんだよな・・・

コイツを切り出して・・・

こうなりました!

06280006

後は蓋や、手を入れる穴や、下の砂を回収する箱や、蛍光灯などなど・・・めんどいな! でもここまでの費用は1000円も掛かってませんから頑張りましょう・・・ 疲れたのでここでおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

Rブレーキ周り加工完成!!

朝からRブレーキ周りの加工をし、ついに完成しました!

06230001

カミさんのミニトレより上手くコンパクトに出来ました!

ノーマルステップ仕様です。

モンキーなどはここでバックステップ加工とかしてステップがかなり後方移動しますが、このミニトレはあえてしません。

何故かって・・・ノーマルポジションでRZ125パワーを物言わして中型バイク付いていくのイメージしたらお分かりと思います。

実際、真琴がカミさんのミニトレ走ったとき、後ろに4スト250に煽られた時、フル加速して、信号引っかかって並んだ時は大人しくしてくれましたから・・・

完成して、その1時間後・・・

06230002

あれ?フレームだけになってしまったぞ?

まぁ~大事な部分はほとんど終わったから全部ばらしてステーや、なんちゃってフレーム補強を施すつもりでばらしたんです。

今日は疲れたからおしまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

こりゃええわ!

昨日、注文した溶接面とサンドブラストが届きました!

まずは溶接面!

06220001

自動液晶シャッター付き溶接面。 今までは手持ちの溶接面で、細かい作業や、手で押さえながらの作業がほとんど出来ない(真琴の腕の問題かもしれん) この溶接面ならアークが飛んだ時自動的に液晶シャッターが閉じてくれます。 これなら片手自由が利くし、連続して溶接が難なくこなせれるようなり、気持ちの余裕が出来て溶接のビードが綺麗に引けるようなりました!

満足度100%超のブツでした!

この面を使ってミニトレのRブレーキペダルステーを溶接しました!

06220002

そこそこ綺麗に溶接出来ました! 次はマスターシリンダーステーを作ります。

次はサンドブラスト!

06220003

パッと見、でかい消火器のようですが、直圧式サンドブラストのタンクです。

コイツがあればアルミの部分新品同様になるんだよね!

でもその前にキャビネットを何とかしないと!

1、2ミリ厚の鉄板4X8サイズのを買ったのでコイツからキャビネットを作ろうかな?

今日はこれでおしまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

Rブレーキ周り加工

今日は気分次第でミニトレのRブレーキ周りをやりました。

ドラムからディスクブレーキになりますのでステップ周りはかなり加工が要ります。

カミさんのミニトレ125を作るときもこのブレーキ周り苦労しましたよ。

真琴専用ミニトレはカミさんのミニトレを参考にして、ちょい改良を加えました。

まずは、エンジンの幅が広くなったのでブレーキペダルをちょっと外側になるよう加工です。

06210002

下がノーマルの長さ。 スイングアームシャフトを使って、旋盤でEリングをはめる溝を彫って、カラーの長さ分外側へオフセットします。

次は、マスターシリンダーを押すステーを作ります。

06210001

元々は上向きをカットしてこの様に平行になるよう、鉄板から切り出しました。

溶接しょうと思ったが、時間切れ! 明日やりましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

チャンバー&ハンドルストッパー

本日、仕事暇でしたのでチャンバーを取り付け加工をしました。

オクでRZ250用チャンバーを3000円で落札しましたが、微妙に取り回しが違う・・・ 5センチ前出し、1センチ斜めにすれば取り付けれる! とゆうことで太い鉄パイプを旋盤加工して、鉄板から切り出して、溶接して、延長フランジが完成しました!

06200001

以前より溶接が多少上手くなったな!

車体に取り付けたらこんな感じ。

06200002

06200004

見事チャンバーが付きました! 

チャンバーステーはメガネレンチです!

いい感じです!

さて、次はハンドルストッパー製作です!

はい!10分で出来ました!

06200005

穴空けてタップ立てて六角ボルトをねじ込んでおしまい。

いや~順調に進んでます。 次はどこ手付けようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

キャリパーサポート!

午前中、ガレージ行って、キャリパーサポートの設計をして、完成しました!

06160001

ミニトレに取り付けました!

06160002

穴位置のズレ無く取り付けれました!

これでエンジンマウント、FR周りは終わった!

後は、ハンドルストッパーとか、ショックマウント補強とか、フレーム補強、チャンバー加工、ラジエータステーなど、溶接しなければいけない所をやっとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC&足回り

あ~ガレージにパソコンが欲しい・・・

何故かって、CAD使う時や印刷は家戻らないと出来ないんですから、気分が乗った時、すぐCAD設計出来るようしたいです。

そうや! 愛媛越す前にメインPCを新しくしょうと秋葉原で部品買ってケースと電源以外全て入れ替えたんだよね。

入れ替えで残った部品を使ってもう一台のPC作ってガレージ専用PCにするか!

足りない部品は・・・ケースと電源。

愛媛県松山市内にあるPC部品店は・・・?

「アプライド」!

早速行きました。 やはり、秋葉原よりは劣りますが、無いよりはマジですな。

ケース、傷ありの新品、1980円!

と電源買って帰って組み立てて、完成しました!

06140001 

スペックは Pen4 2.53G RDRAM1G HDD200G

とCADだけ使うにはハイスペックのような・・・

前から夢やったでかいTVでPCやりたいという夢が叶いました!

06140002

見にくいですが、34インチTVにWindowsXPが写っています!

満足した所で、ミニトレのショックマウント製作に取り掛かりました。

いきなりですが、完成しました!

06140004 

06140003_1

マウントの強度的には大丈夫なんだろうかな?

06140005

スタンド無しでミニトレが自分で立ってます!!

06150001

RZ250用左側チャンバーを仮付け。イメージ的にこんなもんかな。

後はF周り! TZR50ステム、フォーク+NSR50ホイール取り付けの為の加工です。

06150004

ん?よく見るとステムの下にさらにステムが・・・!

それは、ホイールのセンターを出す為のアイデアです!!

06150005

この様にホイールの溝にはまればセンターが出ている・・・と思う。

その状態でディスク側を見たらクリアランスが1ミリ以内!

やっぱりホイール側のディスク座面を削らないと駄目か・・・

そん時にゃあ、フライス盤あるで!

しかし、12インチホイールは無事フライス盤乗っける事出来るか??

06150002

無事載りました! 15インチ位までなら対応出来そうです。

この様に固定してホイールを手持ってグルグル回すのです。

こんなやり方では精度大丈夫なんだろうかな?

慎重に少しずつ削る事30分後・・・

06150003

座面を5ミリ削り終えました。

フォークに取り付けたらクリアランスは十分取れました。

心配していた加工精度は?? 結果はディスクの振れは全くありません!成功です!

メーターギア側は無加工、ディスク側のホイールカラーを約6ミリ削って、NSR50ホイールが入りました!

06150007

TZMホイールを使えばポンと付くかもしれないが、オクでは高いし、うちはNSR50ホイールがいっぱいあるので何とか流用出来ないかという目標が達成しました!Fフォークは眠り面クンのTZRから、NS-1スイングアーム周りは昔友達から貰った物と、お金掛けず完成出来そうです! 真琴のNSR50改125後方排気風のあれ、100万は掛かっていましたから今度は安く仕上げようって事です。http://homepage2.nifty.com/garage-makoto/nsr125.html

ラストはキャリパーサポート作成です。

てか、こないだ作ったのあるけどCAD設計ミスでゴミ作ってしまったよ! 

06070001_1

今はガレージにPCがあるので現物合わせしながらCADインプット出来るから今度は間違えないだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

フォーク加工

ミニトレのFフォークはTZR50Rのを使用します。

んで、12インチ化するためにTZM50Rホイールが必要です。

今までホンダ、スズキ党の真琴は当然TZMのホイールは持っていません。 あるのはNSR50のホイールです。

オクでTZMホイールを探しているが・・・NSR50の2倍位・・・

ならばNSR50Fホイールを流用しましょ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TZR50ステムのフォークピッチがNSRより狭い!

なので、あちこち削らないとホイールが入りません!

まず、キャリパーが取り付くよう、加工しました。

06050001

フライス盤でこの様に・・・

06060001

はい、削れました!

今日はここでおしまい。

帰ったらキャリパーサポートの設計です。

ディスク径、TZR50R 245ミリ、NSR50 220ミリ

なので1センチキャリパーを下げる必要がありますから~

暇みて、ミニトレにTZR125ドッグファイトチャンバーを仮付けしてみました。

06050003

エンジンに前傾角度が違いますのでこの様にチャンバーが下がってしまいます。

RZ用チャンバーを使えばマジになるかもなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

よし!真琴一番機 出撃!!

今日もガレージでマッタリしたらこないだ注文したストレート工具が届きました!

中身は・・・

06020001

タップとダイスです。

エンジンマウントなどのボルトが長いのでカット&ねじ山作りの為購入しました。 ストレートはタップ、ダイス類は他より安くてお勧めです。

早速切り詰め作業しました。

本当は前のマウント溶接やりたかったけどこういったやり方は未経験やから後回し後回しなんです。根性無いなぁ。

んで、この様になりました。

06020002

スッキリ! ピポットの14ミリのねじ山切るには結構固かった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は?? 

ショックマウントの鉄板、設計済みだが、昨夜バンドソーで切り出したら途中バンドソーの刃が割れてしまった! 多分刃が不良品のようだ。

月曜日注文やから来週になるなぁ。

じゃ、次は??

やはり、前のエンジンマウント溶接しかありません・・・

どうする??やった事無いシチュエーションでフレーム穴空かしたり、溶接しても強度不足でエンジン落っこちないか???

とゆうことでなかなか一歩が踏み出せません!!

と、オヤジがやってきて、事情を話したら、

「死んで来い!ガレージ真琴に祀ってやるぞ!!」

真琴「よし!真琴一番機出撃!!」

とゆうことは冗談ですが、オヤジが後ろでアドバイスするからやってみぃの事で溶接しました。

フムフムナルホド、そんなに難しくなかったんだな。要は要領の問題だな!

30分後 完成しました!

06020003

TIG溶接機には負けますが、半自動にしては、結構な仕上がりです!穴空くかヒヤヒヤでしたが、無事穴空かず出来ました!

ちゃんと溶け込んでいるので多分問題ないでしょ。おまけにフレーム補強になったし(意味あるかな?)

元通りに組み込みました。 心配していた溶接歪みは無くきっちりはまりました!

06020004

はーこれで一つのヤマ場は過ぎた!強度的に大丈夫てありますように!

次はRショックですわ。 データとかは全く無知なのでとにかくちょっと斜めに取り付ければいいや!と具合ですが、果たして上手くいくかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »