« アドレスV100 PWK28キャブマニホールドの加工 | トップページ | V100 PWK28キャブマニ加工  »

2009年6月12日 (金)

V100 リードバルブ両面化加工 

インターネットって本当にいいですね~~~
本よりもっとマニアックで写真付きの詳しい説明サイトがいっぱいあって、助かるし、ムフフな画像がいっぱいあるしな~~~ あれ?何か言ったかな? 気にしない気にしない。

ネットで情報公開しているお陰でこういう加工を知ることが出来ました。
見よう見真似でやって行きます。
この加工は2度目で前回のはこんな感じ。
Ts3d0167
スーパーディオの樹脂リードバルブで3開口です。

今回はたまたまあったTZR50Rのリードバルブを使います。
てか、TZR50Rリードブロックごと搭載したい・・・
ノーマル状態
Ts3d0155
TZRリードを当てた状態
Ts3d0156
フライス加工
Ts3d0157 Ts3d0158
開口面積がVer1より大きくなったな。

リードバルブの板をカットして・・・
Ts3d0168

M3のタップを立てて完成!

Rimg0127
リードバルブの両面化の効果ですが、Ver1の時はノーマルと比べてパーシャルから開け始めのトルクが確実に増えた感じがあります。
クイクイと引っ張ってくれるといった感じです。 最高速はさほど変化はありません。
開口面積がVer1より大きいVer2&PWK28キャブではどうなるんだろうなぁ~~??

|

« アドレスV100 PWK28キャブマニホールドの加工 | トップページ | V100 PWK28キャブマニ加工  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/44517423

この記事へのトラックバック一覧です: V100 リードバルブ両面化加工 :

« アドレスV100 PWK28キャブマニホールドの加工 | トップページ | V100 PWK28キャブマニ加工  »