« スーパーディオ Fフォーク移植! | トップページ | スーパーディオ フォーク移植 ブレーキシステム編 »

2009年8月23日 (日)

おや・・・ 質問が! 答えします!!

おや・・・ 質問が!!

アドレスV100にPWK28キャブを搭載するに当たって、いくつか壁にぶち当たります。

ディオやジョグ、アクシスの様にノーマルエアクリが使えてなおかつ種類が豊富と言うわけではありません。

V100にPWKキャブを付けた方はほとんど加工して流用の嵐でしょう。

スロットルワイヤーは1本引きなら簡単に流用が効きますが、ノーマルを利用し、オイルポンプも引く事になるとそこで壁にぶち当たりますわな。

V100にPWK28キャブを搭載して、ノーマルワイヤーを使って、オイルポンプワイヤーも使えるようするには・・・

お答えします! 

デイトナのV100用PE24キャブセットの中にある延長スロットルワイヤとアウターを使用します。 

Ts3d0110 

これだけです。他に注意点は・・・

スロットルの根元にあるワイヤ調整の奴をきっちり締めて、PE24キャブ付属のケーブルセットもきっちり調整して、ワイヤーが一番長い状態にして、キャブのアイドルスクリュを目いっぱい緩めてもスロットルバルブが少し開いていて、アイトリングが高いままになる場合があるのでのでちょっと加工が必要です。

その加工とは・・・

Ts3d0112 

PWK28キャブの頭の所出っ張りを削って・・・

Ts3d0113 

こうするとスロットルバルブが1ミリ位落とし込めてギリギリ最適なアイドリング調整が出来ます。

他にスロットルケーブルのアウターをカットする方法などありますが、真琴はこう単純な方法にしました。 もしかしたら個体差で加工不要なのも有るかも知れません。

最後に全開時の引き具合ですが、真琴はセピアZZにV100エンジン搭載しており、スロットルはキタコのセピアZZ用ハイスロでスロットルバルブを引き切る事が出来ました。 すでにハイスロでしたのでノーマルスロットルで引き切れるかは不明です。

ちなみにキタコのセピアZZ用ハイスロはV100にも使えます。(まだ売っているかな??カタログ落ちしたような・・・)

以上これで大抵はクリア出来るでしょう。

頑張って下さい!! ちなみに真琴のV100エンジンは

ノーマルマフラー、排気ポート1ミリUP,横2ミリ程度、ヘッド1ミリ面研、両面加工リードバルブ駆動系ほぼノーマル構成にPWK28キャブ+ノーマルエアクリを搭載したら 「トルクの塊」のV100エンジンが出来ますよ!

頑張って下さい!!

|

« スーパーディオ Fフォーク移植! | トップページ | スーパーディオ フォーク移植 ブレーキシステム編 »

コメント

真琴さんとても詳しく説明して頂きありがとうございます♪

アドレスv100でウイリーできるように加工頑張ります。

どうもありがとうございました。

投稿: | 2009年8月28日 (金) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/45955466

この記事へのトラックバック一覧です: おや・・・ 質問が! 答えします!!:

« スーパーディオ Fフォーク移植! | トップページ | スーパーディオ フォーク移植 ブレーキシステム編 »