« シェイクダウン&不具合発見!! | トップページ | ストップウォッチ改造!! »

2009年12月17日 (木)

不具合修正 チャンバーガード編

適当に寸法取って適当にクリアランスをあけたバチが当たったのか、バンク角の減少を貢献したチャンバーガードを作り直しました。

ビフォー


アフター

その後ろに写っているのがベリアルチャンバー

エキパイがノーマルと同じ取り回しをしているチャンバーは必ず言っていいほど浅いバンク角で擦ります。極端なケツ上げしている場合は除きますが・・・
どうしてもバンク角が欲しいので以前使っていたベリアルチャンバーを取り出しました。
このベリアルチャンバーは通勤で使っていて、チャンバーステー部分からクラックが入り、しまいにはエキパイの部分が真っ二つに割れた物なんです。
プロの溶接人でも、「鉄板が腐っていて、直すにはコストがかかる」と言われて眠っていた物です。

そこで、真琴が根性の溶接で何とか直しました!



元は


当初、鉄板が腐っていて、アーク飛ばしたたけで穴が空き、どうしょうも無かったんですが、狙う場所を変えて工夫したらうまく行きました。 素人溶接でアラが目立ちますが、全く使えない物が使えるようなっただけでもマジでしょう。
んで、バンク角測定!!



流石ベリアルだな。 この状態でも全く当たりません。左よりバンク角あるし、転倒して初めてチャンバーボディが接地する位バンク角がありますよ。

でも、そのかわりに、エキパイの根元からクルッと1回転していて、おまけに1ピースタイプなのでチャンバー取り付けはとても大変です。 6角ボルト使って、頭を使って工具使わないといけんです。 
捨てる事しか用途が無かったベリアルチャンバーを復活させたからメインはベリアルで、破損したらショットガンチャンバー体制でいきますか!

GARAGE 真琴

|

« シェイクダウン&不具合発見!! | トップページ | ストップウォッチ改造!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェイクダウン&不具合発見!! | トップページ | ストップウォッチ改造!! »