« V100 ポート加工パート2 | トップページ | 排気ポート加工パート2の試走! »

2010年4月29日 (木)

懐かしいメーター

絶好調のV100エンジンで、気持ちよく走り回っていると、ディオのなんちゃって100キロメーターではなんか信頼性が低いし、本当にそのスピードが出ているのか怪しいし、テストコースで「100キロ出たぞ!」と言ってもこのメーターじゃあ2ちゃんねるの様に「極度の幸福速度計だろ?」と煽られかねません!



対角に目盛りを張っただけです。


怪しいと思う理由は0と60の目盛りと針の位置関係です。 対角で60指せるなら分かりますが、これは・・・?

そんな疑問を解決するべく、17年ぶりデイトナ製のデジタルスピードメーターを引っ張り出しました!



17年前セピアZZに搭載した物なんですが、取り付け方が悪かったのか、あっとゆうまにセンサーのステーが折れて眠っていたものです。

電池入れたら・・・おっ! 動きました!!

1994年のデイトナカタログでスペックを調べたら最高120Kまで計れるそうです。そこまで使いきれるエンジン仕上げたいな!

んで、取り付け! 



またまた見難いですが、ちょっとしたステーとテープだけでセンサー部分簡単に取り付きます。

笑い話なんですが、前、ミニトレ改V100でサイクルコンピューター取り付けようとした時、「12インチは22インチと比べて1周する距離が違う」から無理やわなと。

今思えば1周する距離はコンピューターで設定すればいいだけで、単純に1周を読み取れればいい事を理解出来れば一気に問題解決したんですわ。

なぜこう勘違いをしたかって、センサーの取り付け位置によって1周する距離が変わるじゃないかの疑問が膨らんだ結果ですわ。 

センサーとマグネットは簡単に取り付きますが、本体部分の固定方法は頭を悩ませます。
真琴はとりあえず、インナーポケットの部分で挟んでます。

早速テストコースで試走! フルノーマル+海外シリンダーで87キロ。

意外な事に目盛りを対角に張っただけのなんちゃって100キロメーターの精度で、その通りの速度を指していました!!

とゆうことは前PWK28+ショットガン仕様車で105キロ位は出ていた事になりますわ!

今回は絶好調なエンジンだから記録の塗り替えが出来そうだな!

次回はポート加工パート2のシリンダー搭載して見よう!!

GARAGE 真琴

|

« V100 ポート加工パート2 | トップページ | 排気ポート加工パート2の試走! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V100 ポート加工パート2 | トップページ | 排気ポート加工パート2の試走! »