« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

禁断のアレ

モー止まらないの暴走で今度はネットショッピング! 


予算は4万円!!

ロンクラはヤフオクのアレで決まり。 これで予算の半分近くは飛ぶな。


と、何気なくヤフオクで57ボアのキットが安く出品されていて、送料込みで納得出来る金額でポチッとな・・・



ヤフオクから 「貴方は最高で~す!」と。


どうせ5分前に誰かが上回る金額で入札されるだろう・・・


残り5分・・・ あれ?誰にも入らんよ。


残り1分・・・・ おっ???


ハイ終了! 「代引きで発送するから住所教えろや」とメールで素直に返事して

強制的に発送されて買わされました?・・・




まっ、納得出来る値段で入札したから後悔はして無いが、冷静に考えると・・・

微妙に後悔してきた・・・


だってさ、V100で57ミリは限界の最大サイズだべ。(57,5ミリありますが・・・)

焼いたらシリンダー人生終了やろ。そうやったら1発でゴミやん・・・

55ミリやったら第2、第3の人生のやり直し出来るやん。(ボーリング)

57ボアの補修部品(ピストンリング)の入手性は・・・?

と微妙に後悔しつつ、各部の検証をしました。


57ミリとなれば流石に薄くなりますな。


左 ノーマル 52、5ミリ   上 ベリアルの56ミリ 右 57ミリ


57ミリのピストンですが、背中に穴が開いています。 なんじゃろ?

排気ポートは見事なスクエア形状!



57ミリシリンダーが入ったことで手持ちのキタコ製57ミリピストンが使えるわな! 


これは10年位前かな、V100で速いマシンを作るゾ!で買った物なんですが、24キャブセッテイングで挫折して眠っていた物なんですわ。

ピストン比較!!


1本リング、 全長、ピン上の高さ、 トップ部分の違いがあります。

海外57はノーマルと同じ形状を保持しつつ、ボアが広がった物に対してキタコ製はほぼ変わっています。 


この57ボアの出番は・・・ やけくその一発勝負用になりそうです。

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

モー止まらない・・・!!

ホント モー止まれません!! 勝手に手が動いてしまいます!

ディオ改V100の絶不調からの復帰&排気ポート&圧縮圧力変更の効果を味わって・・・色々なスキルが身に付きました!!

身に付いたらやる事はやはり! アレでしょう!!

「フルパワーマシン製作!」

初期のディオ改V100でPWK28&&ショットガンでシリンダー&ヘッドはノーマル+ショボイ排気ポート加工&すでに吹き抜けて居たピストン&リングで、現在のフルノーマル構成+排気ポートさらに拡大&圧縮圧力をきっちり合わせた仕様で最高速度差は約10キロ位。
要約すると初期のディオ改V100は金掛けてやかましいわりに遅いという事になりますな・・・

でも、中間加速のパンチ力はやはりチャンバー車ですな!

今の絶好調なエンジンにPWK&チャンバー入れたらどうなるんだろ?

おまけにロンクラ入れたらどんな速さになるんやろ??

こんな妄想をしていたら・・・・




前 T氏がクランクの大端ベアリング粉砕したエンジンで一応貰った奴なんですが、腰上は使用不可ですが、クランクケース内壁にほんのわずかの傷がありますが、再使用出来そうなので掃除します!
このエンジンは初期型(AG100M) で一度も掃除した事が無いらしく、オイル&ベルトカスでドロドロでした!
写真は光加減で黒っぽい所が白っぽく見えて大した事無い様に見えますが、本当は酷いオイル(タール)ベッタリです!


毎度のガソリンで洗浄してます。 ちょっとラりってきました。

とりあえず綺麗になったけど駆動の方のリブの奥に汚れが残っているし・・・

あちこち表面にシミが残っているよなぁ・・・

「速いマシンはとってもピカピカ!」

だよな。 うちも見習ってサンドブラストをかましました!!




上はアルミナのみ 下はアルミナ後ガラスピース
輝きが違います! アルミナのみでも綺麗になりますが、真っ黒なオイルが付いたら落としにくいです。 

ガラスピース完了!! リブの奥までピッカピカ! 
その代わり真琴の鼻から肺まではアルミナの粉塵で真っ黒・・・ 命縮めてしまったのかな??


次はパソコンに向かって買い物・・・・ 嗚呼 もう止まらない・・・・ 

GARAGE 真琴 

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

モノタロウ 0円でスラストベアリングゲットだぜ! は本当だった!

モノタロウ1000円クーポンキャンベーンで送料込みスラストベアリングを0円で「買いました?」 

3日後 毎度の佐川急便が来て・・・


本当に0円で来ました!

中身は・・・

これだけ! ベアリング500個入りそうな箱で送られて来ました。

真琴は初めてスラストベアリングを手にして興味深々です。

あーこーなってんだ! ・・・・
スラストベアリングって・・・ 初めてじゃないわ!
10何年前から触ってんやわ!
そう! ステムベアリングと同じ仕組みなんか! 
さて、この使い道は・・・

クランクインストーラのワッシャの滑りを良くして、クリクリ回せるようする為です!
何回もクランク分割する方はスラストベアリング「51102」 を入れたら作業がスムーズになると思いますよ!
 

GARAGE 真琴 

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

シートアンコ抜き!!

多少ケツが上がっているディオ改V100で最高速を出す為には常に伏せていなければいけません。

愛媛でベタ伏せして走るスクーターは見たことがありません。

何故か、東京やハマの様に、60キロ目いっぱい走っている50ccスクーターは全く見かけません! 

ヤンキーな奴でもきっちり30キロ守って走ってますよ!!

アドレスV125でさえ、全開スタートする奴もいません!

松山市内でベタ伏せして走るスクーターは真琴本人以外見たことがありません・・・ 

とゆうことで、伏せなくでも最高速を出す為には風の抵抗を減らす事!

ハンドルから上の投影面積を減らす!

とゆうことでアンコ抜きの挑戦をします!

まず、シートカバーを剥がします!

下の奴は純正ので多少破れていたので右上のKN企画製のシートカバーでかぶせていました。

今回は破れた純正のは捨てて、KN企画のシートカバーをシートの皮にします!

そして、アンコ抜き!

これは途中ので完了した奴は撮り忘れた・・・

サンダーとワイヤーカップと砥石を使って削りました!
出た屑はこんなに・・・

自宅やアパートのベランダでカップワイヤでアンコを削るのは絶対に止めた方がいいです。

見た目は大したこと無いように見えますが、実際は粉がいっぱい飛び散ります!



タッカーで留めます!
今回使用した工具は・・・


マイナスドライバー 
初めについているタッカーの針を取り除く時使います。

タッカー&針

噂通り100円ショップに売っているタッカーで、12ミリ幅高さ6ミリの針を使えば半分位刺さり、後はペンチで圧入したらOKです。

ペンチ 
タッカーの針を抜いたり、圧入する時使います。

ハサミ
余ったシートの皮を切るとき使います!

一番のポイントはタッカーの針です。
初期付属の12ミリ高さの針はグニャッと曲がって圧入出来ないので必ず6ミリ高さのを使えば上手く行きます。

そして、完成!!

3~4センチ低くなりました。 
アンコはギリギリ削りました。
マシンに搭載!

ぱっと見た目はあまり分かりませんが、乗った時「おっ!シートが硬いな」と分かるレベルです。

その効果は以前と比べて伏せない時の最高速は3キロアップしました!

リアショックはもっと短くする事が出来るけどリアフェンダー必須でこれ以上下げたらリアタイヤと干渉してしまう・・・ 現状フルストローク時干渉します。

風防付けようかな・・・ 前&後ろカゴはOKだけど風防はちょっと・・・
120Km出せるようなったら割れそうだな・・・

GARAGE 真琴 

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

0円でスラストベアリングゲットだぜ!!

モノタロウからメールが・・・

「1000円クーポンキャンペーン!」

ああ、あれか、1000円分サービスする奴か・・・

3000円以上で送料500円無料になるのでそのキャンペーン中は3000円以上の買い物ならお得なんだよね。

クランクインストーラにスラストベアリングを入れるとクリクリ軽く回せるようだ・・・

ベアリング欲しいな。 モノタロウでベアリング1個買うと・・・

ベアリング1個450円+送料500円+代引き手数料315円=1265円!!

なにこれ・・・ヤフオクで1円商品で送料5000円の様なもん・・・

しかも、ベアリングタロウは送料無料とうたっているけどベアリング単価はモノタロウより高いです! 

このクーポンで、代引き手数料、送料込みになるかな??

試しに「スラストベアリング51102」 1個クリック!

すぐレジ行ってクーポン番号入れて・・・・

おおお!!

0円!!

0円ですぞ!!

Mono

カード決済なので代引き手数料は引かれません。

送料もクーポン使用OKなんですか!

クレジットカードを持っていれば500円までの買い物なら0円ですわ!

もちろん、注文確定させましたよ!

ってか、本当に0円? クレジットカード番号入力しないまま注文確定と出たもんナァ・・・

まさか、昔の宅配裏ビデオ詐欺のように代引き着払いで来るんちゃうかな?

GARAGE 真琴 

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

噂のシリンダースリーブ抜き

ポート加工で欲を出して来るとシリンダースリーブ抜きをやりたくなってきます!

V100はフィンはアルミ、スリーブはスチールで圧入されています。

高度な掃気ポート加工の為に編み出した裏技のようなんですが、

真琴はなんとなく抜いて見たかったという理由だけなので期待しないでくださいな!

まず、ストーブで暖めることで熱膨張差で抜けると情報を得て、実行しました。


最初は1時間位暖めたのですが、全く抜けず・・・

2回目は半日掛けて暖めて、 角材で当てて重い銅ハンマーで何撃かでここまで出せました!


これ以上はベース面とツライチになって、角材当てて叩き出す事が出来なくなります。

丁度いい角材が無い・・・ しかも圧入具合がきつく、思いっ切り叩かないと出でこない・・・ ボアアップした薄いシリンダースカートでは確実に歪む&割れるわなぁ・・・

本当にこまった! 


とここで「鶴の声」が・・・!

「油差しながら暖めた方がいいよ!」



再チャレンジで、ようやく抜けました!!ほんと、ようやくですよ。

重い銅ハンマーでガン!ガン!と。

同時にバーナーでまんべんなく暖めないとダメのようです。



抜けたとしても・・・・ 掃気ポートの弄り方のノウハウは無いし・・・

ノーマルボアのスリーブとはいえ、上のアルミフィンが歪む位思いっ切りぶっ叩いているのでなんか不安・・・

加工出来たとしても圧入は出来るかどうか???

 シリは熱させてスリーブは冷やせばいくらかクリアランスが出来るけど距離があるし、

入れる途中スリーブに熱が伝わって膨張して圧入出来なくなるかもしれないし、スタッド穴を正確に合わせられるかも微妙・・・

今の真琴にとっては敷居が高いかも知れん!

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

排気ポート加工パート2の試走!

排気ポート加工パート2のシリンダーを搭載しました。


ポートが高く、幅が広がっているせいで圧縮圧力が流石にダウンしました。

ノーマルに対して約1,7ミリ削った奴+ヘッドガスケットでも7、5キロ位。

これ以上ヘッドを削ると後悔しそうやからとりあえず、定盤でヘッドの面を出して、液ガスで組みました。 -0.5ミリで8キロ中盤になりました。


そして、テストコースで試走!

あれ?マイルドな性格になったな??

とりあえず、テストコース行って最高速出して見よう。

おや、いつもと違う感覚・・・!

エンジンが50CCの様に回し切っている感じ!!

80までが簡単に出せる! よし!本気モードスイッチオン!

思いっ切り伏せて・・・ 87キロから急激に伸び始め、短い距離で・・・




出ました!!


排気ポート加工と圧縮圧力UPの加工(メインジェットも多少上げ)のみで最高速が上がりましたよ!

80キロ辺りで苦しそうやったノーマルポートと比べて85でもストレス無く速度が乗ってくれるようなりました。

通勤で何日か走ったらアタリが付いたのか分からないけどマイルドさが消えて出たしはジョグ50の様にカツンとクラッチが繋がって発進するようなりました!

何ていうだろう、規制(封印)をしている物を解除した感じです。 解除して、50CCの様な回り方になった感じです。

燃費とかは抜きにして、ポート加工は多分成功と思います!

以前ベリアルの115CCボアアップとかやっていましたが、自分の組み付けが悪いのか分かりませんが、明らかに今回の99CCシリ+ポート加工の方が速く、壊れないです。 

スクーター弄り始めて17年目でようやく速くする為の方法を会得した気がしました。

今までは雑誌で「プーリーで全域パワーアップ」とか、「駆動系でパワーアップ」の言葉に惑わされて最高速は出るけどその他はダメとか、出たしはいいけど最高速が出ないとか・・・

パワーアップのアプローチ方法が根本的に間違っていた事を気が付きました。

駆動系でパワーアップさせるのではなく、 吸気、動力、排気をバランス良く強化させて、クランク軸に出力される馬力を搾り出して、プーリーやクラッチ、ベルトでコントロール(調整)するという感じ・・・

当たり前だろかと思う人はそうですが、うちは本当に気が付きませんでした。

今回の排気ポート加工の効果プラス、 今後PWK28とショットガンチャンバーを搭載したら最高回転数は前回のより確実に上がるはずだから110キロは目指せそうです。

そして、リアタイヤのセンターが平らに減っていて、新品にしたら+2~3キロは伸びるだろう。 そして、ロンクラ&ボアアップして、ハイギアを入れても回し切れるトルクを手に入れたらコンスタントで120キロは到達出来るだろう???

すげぇ楽しみになってきたよ! でもさ、これやったら家帰れない仕様になるやん!

そうだ、手持ちの’92セピアZZでイベント仕様車にしょうか? でも自賠責保険を新たに入れなければ・・・ バイク屋が持っている試乗ナンバーみたいな物が欲しい! (車の)任意は自分名義のバイクであれば何台持っても値段は変わらないが自賠責はこのナンバーごとに加入だもんな。

ちょっと考えてみよう。

GARAGE 真琴 

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »