« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月19日 (土)

原因はピストン?

ようやく時間が出来て 腰上バラしました!

何度もくどいですが、ベースがディオだと楽だな。

メットイン外せば上からでも右からでも左からでもドンと来いや!状態になれます。


念のため圧縮圧は・・・間違い無く9,5キロ


ピストン外して見たら・・・


もう吹き抜けてる?? 真琴はもう使用限度なのか判断は出来ないんですが、吹き抜けの痕があるんだな。


とりあえず、新品のJCCピストン組んで様子見ましょう。

他に原因は無いんだからさ。

マフラー取り付けのネジ山がもうダメになりそうでタップで修正。

よくマフラーを入れ替える方は大抵このねじ山がダメになると思います。
今度オーバートルクでネジ山壊したらリコイルキットを使ってねじ山を復活させないといけないレベルまでねじ山が壊れています!
早くリコイルキット買いたいけど高い・・・!

プラグのねじ山も修正!



何の拍子なのか分かりませんが、ねじ山の一部が壊れてしまい、この修正器で修正してますが、何度か開け閉めするとまたねじ山がおかしくなり、又修正と。 

何度か繰り返したらプラグのねじ山から微妙な圧縮漏れが・・・

修正し過ぎは良くないと思われます。

組んで見て、試走!
 
あんま変わらないな・・・ もうちょっと様子を見ましょう・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

見事玉砕!

圧縮圧力が十分(9.5キロ)ある腰上はなかなか開ける気になりません。

とりあえず、まず 圧縮が抜ける原因と言ったらピストンリング。

前回の圧縮漏れ(吹き抜け)のピストンは酷い状態だったな。

比較目的で手持ちの中古純正ピストンのリングを外して、 JCCのダメになったピストンリングを外したら・・・


あれ? 力入れてないのに簡単に伸びてすんなり外れるぞ!

やはりな~ コストダウンの為にかなり妥協してんだよね。

明らかに違うピストンリングの張力(表現は正しいかな?)

ここで、真琴はひらめきました。


JCCピストンに純正ピストンリングを組めばマジになるんちゃう?  と。

         「素直に純正のセットを買えや!」 

の声が出てきそうですが、実はJCCピストンセット2セット買い溜めした馬鹿真琴なんで・・・




真ん中が純正、右 前回絶不調時交換したJCCピストン 左 新品JCCピストン



ピストンリングの各部測定に入りま~す!




リングの厚みは!? 


              一緒です!!       

おっ!イケるかな?
 
さて~幅は?  


ほぼ一緒のようでほんのわずか純正の方が広いな・・・ コンマ1位かな。

アナログのノギスで測っているので・・・

とりあえず、JCCピストンに純正リングを組んで、ダミーシリンダーに入れて見ました。



見事、入りません。  リングが奥まで引っ込めさす事が出来ず、シリンダーを通す事が出来ませんでした!


あ~あ、初めかケチらず、純正ピストンセット買えば良かった・・・


JCCピストン使い切ったら素直に純正へ乗り換えます。 ピストンリングの張り具合(厚みが薄い)が明らかに違うので圧縮圧力の高い仕様にする場合は純正が良いと思います。

とゆうことは、純正では考えられない圧縮抜けトラブルの可能性があるな・・・

リングの張力が足りず、高回転&熱が入るとコンプレッションゲージでは見抜けれない圧縮抜けが発生しているかもしれない・・・?

と、何気なくシリンダー集めたらこんなにあった。


でも、これ、使えるようする為にはお金がかかる・・・

時間が出来たら腰上バラして見ようか

GARAGE 真琴

| | コメント (3)

2010年6月 8日 (火)

なんだかなぁ・・・

例の不調探りで一向良くならず・・・

残すのはピストンとシリンダー。


でも圧縮圧力はちゃんとあるんだよな・・・ (9.5キロ)


そんなモヤモヤを払拭するべく・・・・

不調の原因とは全く関係無い次期エンジンのネジ穴を全てタップでさらいました。



何も解決出来てませんが・・・ 

まっ、気分転換でしょう。最高なエンジンの空想も大事でしょう。

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

ようやく・・・! そして、また・・・




絶好調やったディオ改V100に陰りが・・・

どんなスピードでもスロットル開けたら素直に付いて行っていたエンジンがいきなり反応しなくなり、ダラーっとしたレスポンスのエンジンになってしまいました。

色々セットを変えても改善されないまま無謀にもテストコースで最高速チャレンジしました。

微妙にセットを変えた事が効いたのか、ほぼ実測3ケタを叩き出しました。

排気ポート拡大、ヘッド面研、MJ、WR交換、KNランプレのみで他フルノーマルで3ケタです。 

分析すると、排気ポート加工で最高回転数が上がってその分速度が上乗せした感じです。 タコメーターが無いので正確では無いんですが・・・


今までV100エンジンにアナログメーターで 「おっ、今大台乗ったんちゃう?」
な事は何度がありましたが、今回は安定した測定が出来るデジタルメーターで記録出来た事が嬉しいです!

ここでバンサイと言いたいですが、こう行きません。

又、不調になったの、原因探りの中の出来事なので・・・・


熱が入るとトルクが抜けるフィーリング。

もしかしたら 前回と同じく圧縮抜け??  ありえん、ピストンはJCCの新品に交換して2ヶ月も経って無いぞ!

ということで、又不調原因探りの旅へ出かけます・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »