« V100 一次圧縮UP クランク加工 その2 | トップページ | V100 クランクケースボーリングのようなことが出来ちゃった! »

2011年12月17日 (土)

V100 クランク 一次圧縮UP加工その3

こんにちわ・・・ 皆様・・・お久しぶりです・・・ 色々忙しく、約1年ぶりの更新となりました・・・

色々災害見舞われた方々、お見舞い申し上げます。

さて、今後ともガレージ真琴をよろしくお願いします。

それでは、続きを・・・

クランクケースのボーリングか、クランクウェブの切削加工か・・・

クランクシャフト曲げ3連発のゴミクランクシャフトがあったな・・・

ゴミやから試して見よう!

早速旋盤咥えて・・・

曲がっていますので芯が出せませんな。 まぁ、 構いません。 ゴミですから。

コンロッドが暴れないよう対策して、慎重に回転上げて・・・・

おお! 削れてます! クランクシャフトって削れるんだ! と妙に感動しました。


適当に削って・・



0.5ミリ位でしょうかな もっといってみよう!

適当なところで切り上げ切り上げ!



元々直径は82ミリ 加工後 79.5ミリ

1.25ミリのクリアランスを確保出来ました。

 
クランクケースも内径広げればもう1ミリ確保出来るなぁ・・・

アルミの輪はせめて厚さ3ミリは欲しいな。

さて、そこまでやって一次圧縮を求める価値はあるんだろうかな・・・

GARAGE 真琴

|

« V100 一次圧縮UP クランク加工 その2 | トップページ | V100 クランクケースボーリングのようなことが出来ちゃった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V100 一次圧縮UP クランク加工 その2 | トップページ | V100 クランクケースボーリングのようなことが出来ちゃった! »