« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

ディオ改V100 最高速更新!?




スーパーディオ改V100で最高速 145キロ!?






んな訳ありません。 マグネットセンサーチェックで145キロ叩き出しただけです・・・

仕事帰りに快調に走ってたらフロント部分から 
 
           「バキッ!!」

と音がしてその直後、デイトナデジタルメーターの表示が0に・・・


次の日確認したら  フロントディスクの穴に埋めた磁石が外れてセンサーとヒットして、「バキッ!」と音が出たようだ。

磁石は紛失してしまったので代わりの磁石を入れて、ホイール回すと・・・

無反応・・・

え?? 壊れた? 本体??センサー??

とにかく全て外して、机の上でテスト!

普通の磁石では無反応・・・ ちょっと大きめの磁石 無反応!

なんや?? 最後にハードディスクを分解した時取った超強力磁石でやってみると・・・

見事反応しました!!

その時の磁石こすり最高速は145キロでした。

とゆうことは磁気スイッチが壊れた訳か・・・

丁度手持ちの磁気センサーのストックがあったのでこの様に加工して・・・


高橋名人の16連射ばりの連射で・・・



149キロですた!  とにかく直ってよかった!

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

地デジ化完了!!

遂にガレージ真琴のTVを地デジ化しました!!


ガレージ真琴のテレビは東芝の「バズーカ」と呼ばれていたTVです。

販売当時、真琴は小さな東芝関連会社勤めていて、社内特売りで75パーセント引きで買いました!6畳部屋に34インチをぶっこんでました。

雨が降って湿度が高くなるとコンデンサ不良のガタか来るのか、一瞬点いてすぐ電源が切れてしまうこんなTVなんですが、未だ大事に使ってます。

もっと大事に長く使いたいならば地デジ化!!

ヤフオクなどで安いチューナー探しを毎晩やりましたが、送料やら振り込み手数料やら・・・・
めんどくさくなって投げ出すの何回かして半年過ぎて・・・

結局近くのホムセンでチューナーを買いました。

ここは忍耐と根性が足らんなぁ。 だから金が貯まらんよな。

でも、特売りで多少は安くなってたからまぁええか!



中身はこんな感じ

なんかスカスカで軽い・・・
大昔VHS用のコピーガードキャンセラーの様にすげー高いのにすげー軽いみたいな感じです!

アナログ時代のTV

アナログの証の上下帯に「地デジしないと見れなくなるぞ!」の脅し字幕があります!

室内アンテナで工場の中にさらに屋根付き部屋を作っていて、電波が弱くなってNHKは見れません・・・ってか見ません! あと、

笑っていいとものチャンネルも映せません!
映せるチャンネルはゴーストが多少・・・
地デジ化すればどうなるんだろうな??

TV回りの掃除30分、設置取り付け5分・・・ 掃除の方が長かったな。

ほい!


江頭!! 

こうして、ガレージ真琴のTVは無事地デジ化しました。 
邪魔な上下帯の字幕が消えたし・・・

そんなことより感動したのは 
ノイズが全く無くなってはっきりくっきり丸見え?のクリアになりました!!
S端子接続している事もありますが。

やはり、0と1の世界・・・ アナログならビミョーな感度では頑張って映そうとするけどデジタルは簡単にブラックアウトしやがる・・・

でも、不安していた室内アンテナでも地デジ対応できるかは、全く問題ありませんでした!

リモコンの使い勝手も良いし、チャンネル全部(NHK除く)映せたし、全て満足出来る結果でした。

これでガレージ真琴のTVはぶっ壊れまで大事に使い続けます。

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

失敗作・・・・ではなかった!

どんなローラーにしてもパワーバンドに入る感じが無かったスペシャルエンジンで色々と分析しました。

どうやらポートタイミングのようでした。

ベースは1,5ミリでピストンハイトの高さがノーマルより低い+ロングクランクでストロークが増えた=掃気ポートの開くタイミングがかなり早めな状態になってたようだ。

とりあえず、掃気のタイミングを遅めに設定して、ついでに、ショットガンチャンバーはやめて、TZR50Rノマフ合体チャンバーを搭載してみました。



キタコレ! 図太いトルク感!!

キャブセッテイングの方向性&エンジンが正常かチェックする為にノマフ&
駆動構成は全てノーマルにしました。


通勤用ディオ改V100にもロンクラ入れるの意識して、PWK+エアクリにしてます。

アクセル1/3位開けて・・・ ノーマル駆動セットなのでいきなりクラッチが繋がって・・・


ポーン!!


とフロントが浮きました!!

そして、怒涛の加速!!

ああ、これが例のポンポンフロントが浮くマシンなのか・・・

ノーマルと比べてあり得ない発進トルクが発生しましたよ!


結果的にボア+ロングストロークの効果なのか、クランクの一次圧縮UP加工の効果なのか判りませんが、56ボア+49,4ストローク121,6cc+一次圧縮UPでの効果は発揮しました!

これをベースにして、ポート、マフラー、駆動をセットしたらイイマシンが仕上がるな!

でも、セッテイングしなければいけない範囲が広がったので無事セットを出せるのか不安だわ。 

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

V100 一次圧縮UP49.4ミリロングクランク+56ボアエンジン発車!!

ようやく、この日がやってきました!


V100エンジンを触り始めて10何年か・・・

アクセルを開けたらフロントポンポン上がって、80キロまで一気に行って最高速は3ケタ前半と言う夢を追い続けて・・・・

実現なるか??

ミニトレ改V100のフレームを借りて、スペシャルエンジンを搭載させました!

エンジン掛ける為の準備完了!

キック3発で目覚めました!

ノマフから始めたらいいのにいきなりハイパワー仕様です。

パテ盛りしたクランクは大丈夫かな?と恐る恐るアクセルをあおる・・・

「バキッ! カリカリカリ・・・・・・・・ プスン・・・!」














にはなりませんでした。

 ひとます、回ります。 変な振動もありません。


早速工場の下へ行って試走!

チャンバーだからウェイトはノーマルの半分位かな・・・

パワーバンド入りません! 

40g 

30g

25g・・・・・・・

パワーバンドが無い感じでとろいです! 

アクセルクイクイ開けてポンポンフロントが上がるの過剰な期待していた真琴はだんだん焦りと落胆が・・・

とりあえず、クラッチだべ? 軽量加工したクラッチとセピアのクラッチを試して見るも玉砕・・・・


失敗作か・・・・?

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

V100 一次圧縮ロングストロークスペシャルクランク 組み込み!


これから組み込みます! V100特有(スズキ系スクかな?) クランクシャフトとベアリングの間に挟む「シム」があります。

これは分解時入っていたシムの厚さを基準にして決定するのが一番楽なんですが、真琴は何も考えずバラバラにして、色んなケースのシムが混ざって分からなくなってしまってます。

なので計測方法を工夫して、シム厚を決定しました。 これが大変でした!

早速組み込み!





クリアランスは大丈夫だな!

シムを入れて


真琴特製V100専用クランクインストーラアダプタで合体!!




合体完了!
そして、スタッドボルトを!

ピストンを入れました!


これでアドレスV121,6のエンジンが出来ました!


下死点での干渉は・・・


クランクの外径が大きくなって、リードバルブストッパの先っぽが2ミリ位干渉するの見つけたのでストッパを削りました。


とりあえずのヘッドを組み込んで上死点干渉しないの確認して、今日はここでおしまい・・・ 

早くエンジン掛けて見たいけど慎重に・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

V100 役者は揃った!!

ネットショッピングで送料込みの値段を徹底的に悩みながら比較して厳選した部品が全て届きました!

カメプーリー!!

幾度のバージョンUPで大分良くなっているようだ。

56ミリピストンX2個!



ベリアルのボアアップキットだったシリンダーは入るかな・・・?


入りました! 安心しました!

細部調査!


ピストンピンからトップまでは同じ寸法ですが、ハイト(端っこの部分)が0,5~0,7ミリ低いです!  おや・・・後ろにモノタロウが・・・!


Yバイク屋からは純正部品、スタッドボルトとかガスケットとか・・・

クランク組もうと思ったら疲れたので明日にします・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

シリンダーフルOHその2

ねじ山修復を終えて、ホーニング作業入りたい所ですが・・・

せっかくシリンダー外したし、エアリューターも入ったから排気ポートをさらに修正しましょう!

楕円形やった上部を平行にして、横の部分に「エグリ加工」をします!

スタッド穴貫通のビビリ&初作業で殆どエグれてない&エグる位置を見誤って上過ぎだな・・・

次はホーニング!!



初めてのホーニング・・・どう扱ったらええやろ・・・?

とりあえずそこそこの速度で回して上下したらええやろ



お!それらしいホーニング痕が出来ました!


調子乗って手持ちのシリ全部やっちゃいました!
57ボアシリ


56ボアシリ ホーニング前

ホーニング後

他台湾ノーマルボアシリ、焼いたシリもやりました。

調子乗ってやりまくったら・・・

ホーニングの砥石が・・・


これってやりすぎ? 

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

シリンダーフルOH?

シリンダーフルOH? なんやそれ?

ディオ改V100に付いているシリンダーは・・・

多分15年位前から輪廻転生ごとく3基の腰下と共に回って来たと思われます。

ホーニングの傷が全く無くツルツルピカピカで、マフラー取り付けのねじ山は幾度かの取り外し&オーバートルクでねじ山破壊&修復で、今度通常の強めのトルクで閉めたら完全にねじ山が破壊するレベルまで来てます。

こんなシリンダーはお蔵入りしたらええやろ~と思いたいですが、CE11Aシリ&ポート加工してあるのでなかなか・・・

なのでOHします!

ストレートで注文!

・・・・すぐ来ました!


シリンダーホーニングツール!

リコイルキット!

M5タップ!

シリンダーホーニングは次期エンジン搭載予定の56ボアシリンダーは軽い抱き付き跡があるので消す為ですが、練習として、ディオV100シリでやります!
リコイルキットは壊れたねじ山を新たなねじ山を打ち込みます! ステンレス製なのでカナリのオーバートルクでも純正以上の強度を持てるそうです。


M5タップは・・・ ロングクランク一次圧縮UP加工でリングの抜け止めを作ろうとタップしたら・・・

「はふっ!!」


と先っぽが入ったまま折れてしまいました! 立て続け2本もやっちゃいました。

ノーマルクランクは難なくねじ山掘れたけどロングクランクは焼きが入っているようでした・・・

まず、マフラー止めのねじ山修復から
現状は・・・


殆どねじが効きません!

ドリルで掘って・・・・

タップ立てて・・・

こんなんのを入れて回す!



付属の棒のような物を使って一撃! 奥の真ん中の棒をへし折ります!
それで完成!! 
テストでわざとオーバートルク気味に閉めましたがしっかり効きます!

次はホーニングだな・・・ その前にやる事あったな!

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »