« V100 一次圧縮UP49.4ミリロングクランク+56ボアエンジン発車!! | トップページ | 地デジ化完了!! »

2012年5月27日 (日)

失敗作・・・・ではなかった!

どんなローラーにしてもパワーバンドに入る感じが無かったスペシャルエンジンで色々と分析しました。

どうやらポートタイミングのようでした。

ベースは1,5ミリでピストンハイトの高さがノーマルより低い+ロングクランクでストロークが増えた=掃気ポートの開くタイミングがかなり早めな状態になってたようだ。

とりあえず、掃気のタイミングを遅めに設定して、ついでに、ショットガンチャンバーはやめて、TZR50Rノマフ合体チャンバーを搭載してみました。



キタコレ! 図太いトルク感!!

キャブセッテイングの方向性&エンジンが正常かチェックする為にノマフ&
駆動構成は全てノーマルにしました。


通勤用ディオ改V100にもロンクラ入れるの意識して、PWK+エアクリにしてます。

アクセル1/3位開けて・・・ ノーマル駆動セットなのでいきなりクラッチが繋がって・・・


ポーン!!


とフロントが浮きました!!

そして、怒涛の加速!!

ああ、これが例のポンポンフロントが浮くマシンなのか・・・

ノーマルと比べてあり得ない発進トルクが発生しましたよ!


結果的にボア+ロングストロークの効果なのか、クランクの一次圧縮UP加工の効果なのか判りませんが、56ボア+49,4ストローク121,6cc+一次圧縮UPでの効果は発揮しました!

これをベースにして、ポート、マフラー、駆動をセットしたらイイマシンが仕上がるな!

でも、セッテイングしなければいけない範囲が広がったので無事セットを出せるのか不安だわ。 

GARAGE 真琴

|

« V100 一次圧縮UP49.4ミリロングクランク+56ボアエンジン発車!! | トップページ | 地デジ化完了!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V100 一次圧縮UP49.4ミリロングクランク+56ボアエンジン発車!! | トップページ | 地デジ化完了!! »