« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

馬鹿1号 TZR125エンジンOH

馬鹿1号のフレーム、マグナ50のフレームヤフオクでは玉数が少なく、ちょっと怪しい物が多すぎて無駄に日が流れてく・・・

ガルアームはよだれ垂らしてフレームが来るの待ってる・・・

TZR125エンジン搭載のレイアウト設計しょうとしてもフレームガ!!!

何も出来ません!!



ならば 手持ちのTZR125エンジンのOHをしとこうか!

とゆうことで何も考えず、シリンダ、ヘッド、クラッチカバーを外しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このエンジンは・・・・!!!

シリンダーはホーニングの痕がそこそこ残っていてピストンの吹き抜けがあまり見られず、ヘッドのカーボンの溜まり具合はそこそこ、クラッチの開けた形跡が無い!!

これは・・・ 極上の低走行距離エンジンやわ!


う~む、クランク割ってサンドブラスト掛けてベアリング全て交換しょうと思ったけど程度のいい物をわざわざバラすのはもったいないわな。

最低限、オイルシールだけは新品にしょうや!

と、TZR125ではマイナーなオイル漏れ箇所はしっかりとお漏らししてます。

シフトシャフトの部分のオイルシールです。 所有のRZ125、TZR125エンジンは100%ここからお漏らししてます。  シール変えてもだんだんとにじみ出て来ます。

ケースを割らないで交換する方法を知っていれば難なく交換出来ます。

その方法は・・・



木ネジをこの様にして抜きます!
オイルシールの向こう側はどんな風になっているか判らないと危険な技と思います。
また、うまくやらないと鋳物に傷付いてシール変えても傷付いたところから新たに漏れる可能性があります。

すんなり抜けました!



続いて、ローター側のオイルシールも!



見た目は大丈夫やったけど、20年前のオイルシールだし、破れる時は急に破れるから保険で新品交換!

今日はこの辺で・・・次はYPVS周り点検しょうか。

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

馬鹿1号 ガルアームのチェーン引き製作

RG125ガンマのガルアームで12インチホイール搭載の為の内径、幅違いの問題は解決しましたが、 次はチェーン引き部分の問題が・・・

買った時チェーン引き部品は入っていませんでした。

ガンマ用を新たに買うと高いし、シャフト径が17ミリだからまた対策せんとアカンやからなぁ・・・

ガレージにある物の有効活用しょうよ!!



TZM純正のチェーン引き部品を流用しましょう!

そのままでは引けないのでストッパーを新設します!



適当な厚みの鉄板をフライスを駆使して面出して溶接して・・・




完成!! お金を掛けずチェーン引き出来るようなりました。 

あと、リアキャリパーですが・・・スイングアームがまっすぐなら干渉せずストッパーが使えるけど、ガルアームなのであと2センチという所で干渉して、ストッパーにはめることが出来ません。

ロッドを使ってセミフローティングキャリパー風に仕上げようか!

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年6月24日 (日)

馬鹿1号 ガルアーム12インチ化

例の2スト125アメリカンマシンで、ハマの友人も興味を持たれたようで、もしかしたら製作依頼するかも? っという事で、コードネームを付ける事にします。

真琴の方のマシンのコードネームは「馬鹿1号」と名づけます。
ハマの友人の、製作するならば「馬鹿2号」と。

とゆうことで、「馬鹿1号」の製作過程を暖かい目で見守って下さいませ!

早速ですが、オクでRG125ガンマのガルアームを手に入れました!



こいつを12インチホイールが入るよう加工します。

と、ガレージからTZM50のリア一式が出てきました。 なんでこんなところに・・・?
もしかしたらTZM125を作る為に集めた物かも知れん・・・

NSR50の6本スポークで行きたかったけど、あるものの有効利用したいので、TZM50のリアホイールで行きます!

シャフト径はRG 17パイ TZM 14パイ 
その差を埋めるには 内径17ミリのベアリング打ち変え、 カラー作成の二通りですな。

ベアリングの規格表眺めてると・・・ 内径17ミリとなるとTZMホイールの外径に合うベアリングが無い!!  旋盤でホイールベアリングをはめる所を拡大すれば出来るけどうちの旋盤は12インチは無理。

ならばカラー作成です。

旋盤で1時間程度・・・



スイングアームの幅埋め+シャフト内径対策カラーが出来ました!


次はチェーン引きを何とかしょう。

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

最新125スワップマシン製作決定!!

ハマにいる友人が愛媛遊びに来て、バイクの話で盛り上がって・・・

新しい125スワップマシン製作決定しました!

それまではTZM50フレームに125エンジンを載せようと部品集めようとしたが、NSR50改125を所有しているのであんま真剣にならないまま日時が過ぎて・・・ 今回ようやくきっかけが出来ました!

え~とベースマシンは・・・

ホンダの 「JAZZ」 もしくは 「マグナ50」 です!!

こいつに2スト125のTZR125エンジンをぶち込んで、前後12インチディスク、倒立フォーク、ガルアームにして、

「2ストサウンドを奏でる変態アメリカン」 や、「アメリカンとレーサーの融合マシン」 とか・・・こんなイメージでやりたいです!

何故アメリカン50なのか?って、簡単に言えば「歳を取った」からさ。

エンジンを載せるスペースがカナリ広いので簡単に行きそうです。実際エイプの縦型エンジンスワップしたの見たことありますので出来るでしょう。

と、ネットで色々カスタムの参考写真を見たら・・・

「アメリカンって意外とカッコイイんちゃうか!」とちょっと洗脳気味になり、

ハンドルはシックスベントかエイトベントにしょうかな・・・

リアフェンダーはファットボブタイプにNSR250Rの丸目テールを埋め込もうかな・・・とアメリカンパーツ用語がペラペラと・・・・

とにかくオクで部品集めないとな!

GARAGE 真琴

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »