« 馬鹿1号 TZR125エンジン搭載 | トップページ | 馬鹿1号、タンク、シート取り付け加工 »

2012年7月20日 (金)

馬鹿1号 エンジンマウント製作

ここが一番難しい所です!

チェーンラインの縦、横合わせ、キックとフレームとの干渉しない所、チャンバーの跳ね上げ角度、この3つのポイントで一番いい所を探します。
二人で作業するのがベストですが、一人で何とかがんばります。

いい所見つけたら採寸!! ミリ単位のずれがあるかも知れないからとりあえず、加工しやすいアクリル板で作ります。


それを使ってTZR125エンジンの後ろ2箇所とジャズの後部マウント固定します。

おおっと!!ピッタシです!!

これを元にしてアルミ板を切り出して・・・



よし!! この状態でチェーンライン問題無し!!

残りは上1箇所前1箇所の固定だな。

エンジンの角度を決めて・・・ 


残り一箇所!!

この部分!


これはもう簡単だけど力尽きてしまいました・・・ 
まっ、丸パイプとプレート切り出しが面倒なだけですが・・・

全体的にはこんな感じ


ふう、搭載出来てよかった!

GARAGE 真琴

|

« 馬鹿1号 TZR125エンジン搭載 | トップページ | 馬鹿1号、タンク、シート取り付け加工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬鹿1号 TZR125エンジン搭載 | トップページ | 馬鹿1号、タンク、シート取り付け加工 »