« 馬鹿1号 Rフェンダーの状況報告 | トップページ | 馬鹿1号 バックレスト加工 »

2012年9月22日 (土)

パソコンのACアダプタ修理!

ノートPCのACアダプタは昔8ビットのゲーム機のACアダプタの様にコードのどこかに断線、接触不良になりますね。

コードを振ったり捻じ曲げたりすると良くなり、何度か繰り返すと、何となくコツが掴めて一発で通電出来るようなりますが、やっぱり悪化して行きますね。


どうやっても反応しなくなったのでジャック付きコードを注文しました。



ガワを開けます。 

ブラックボックスになってますので強引に開けます。 
この様に線に沿ってカッターで引きます。




ガワを開けて、コードを変えます。
極性確認で直接基盤へテスター当てたんですが、時々0Vになります・・・

あれ?テスターのコードが断線? それとも、降圧回路が破損?

うーむわからんなぁ。 とりあえずガワを戻して、ビニールテープで巻きます。


パソコンに繋げると・・・ 相変わらず接触不良・・・

今度は100Vのコード触ると良くなったり無かったり・・・

別の100Vコード変えたら解決。

原因はこれか! 


無駄な事したなぁ・・・ 先入観で出力の方が断線と思ったけど入力側とは・・・


とゆうことでパソコン使うたんびコードを振らずに済みました。

GARAGE 真琴

|

« 馬鹿1号 Rフェンダーの状況報告 | トップページ | 馬鹿1号 バックレスト加工 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬鹿1号 Rフェンダーの状況報告 | トップページ | 馬鹿1号 バックレスト加工 »