« 馬鹿1号 FRP工作 | トップページ | アドレスV100の部品加工の仕事 »

2013年4月17日 (水)

破壊神降臨??

この頃ガレージ真琴に不隠な空気が・・・

スーパーディオ改V100のリアタイヤリムがすっごい凹んでますよ!!

仕事が終わってハイになって家へ帰ろうとガレージ真琴を出て20メートル先

アスファルト舗装の道路に直径30センチ、深さ5センチの穴があり、その上を通過して出来た物です。

ってか、その穴の存在は通勤で知っていたが、その時は何故かハイになってな・・・気が付いた時は60センチ手前・・・

フロントは無事通過出来たが、リアは穴に一瞬ハマって段差の部分で「カッツン!」と突き上げて・・・こう凹んでしまいました 椎間板ヘルニア再発しなくで良かった・・・

ガレージから20メートル先でよかった・・・ 逆切れして役所の道路管理局?へ「こんなアブねー穴を1週間以上も放置すんな!! 

お陰でマイディオのリアタイヤがこんなんだぞ! どうオトシマエつけるんやコラ!」と苦情入れようかと思ったけどここは大人しく・・・

しかし、この穴のある道路の夜は真っ暗で、夜中、50ccのオバハンスクーターがフロントから穴嵌ったら大惨事だろうな・・・

リアアクスルシャフトが微妙に曲がってしまったような・・・ ベアリングの回りも渋くなったような・・・  次は



V100ヘッド 

ブラグのねじ山が綺麗に取れてます!!

工場内テスト走行時起きました!

キャブセットやら何度もプラグ外ししてましたからなぁ・・・多少オーバートルクかもな。

しかし、実走行テストで遠いとこ行って起きたら大惨事だな!!
正常なのにプラグがはまらず押して帰るなんで・・・ 
ガレージ内で起きたトラブルですごい助かりましたわ・・・

次は


キタコ製28キャブ用インシュレータが断裂しました!

とある朝、出勤途中なんか燃調が薄い様な感じだな・・・」

ガレージ着いて色々点検・・・

だんだんとエンジンの掛かりが悪くなってくる・・・

掛かったと思ったら勝手に吹き上がってエンスト・・・
しまいには始動不可能! プラグ変えてもダメ! 

ここでカナリ焦る

キャブ問題ないよな! でも、取り付ける時違和感が!
ここでようやく発見しました。

10年以上前のゴムだから当然たわな。
ストックのも10年前のゴムだが。

あっさり 一発始動出来ました。

通勤途中止まってしまわなくで良かった・・・

次は

ドライブフェイスが割れました!

横着してシザーズホルダーで外そうとしたら割れますた!
これもガレージ内セッテイング中起きたので助かりました!

次は

キックの付け根が折れました!
この部分部品はキックレバーASSYでしか取れないので高く付きます・・・・

とこか遠い所でバッテリ上がってキックで掛けようとして、ポッキリ折れたら・・・心も折れますわな・・・ ガレージ内で良かった・・・

最後に



とある日、なんか変速感がおかしいな。

ハイギアスタートの様に出たしがもたつくな・・・

最高速が少し落ちたけどなんか危険な回転域を使っている音がするな・・・

時にはベルトが滑った様で発進出来なくなる時があるよ。 

ここで明らかにおかしいと判断して、クランクケースカバーを開けました。

外見では全く異常無い。

ここでエンジン掛けてベルトの移動具合チェック

クラッチが繋がる程度の回転数であおる。

いきなりセカンダリのベルトが落ち込む!

なんじゃこれは!!
で発見しました。

んで、セカンダリ分解



真っ二つに分離してます!
カメや、加工した物で溶接が割れるトラブルは多数聞きますが、純正では・・・
でも、クソ硬いセンスプを使っているから関係あるかもなぁ・・・

でも、これでも走れるんだな! 反対側のフェイスが頑張ってベルト食い込ませようとして、黒いラインが付いていますな!

以上、押して帰る事無くラッキーな結果で終わったトラブルの報告でした!

GARAGE 真琴

自由テキスト

|

« 馬鹿1号 FRP工作 | トップページ | アドレスV100の部品加工の仕事 »

コメント

霊的な、、、、、
お祓いお勧めします^^;
そろそろ、私のマシンにも起きそうな事案です・・・

投稿: | 2013年4月19日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馬鹿1号 FRP工作 | トップページ | アドレスV100の部品加工の仕事 »