« 馬鹿1号 前後足回り組み上がり | トップページ | 馬鹿1号 フロントマスターシリンダー »

2014年1月25日 (土)

馬鹿1号 クラッチワイヤー加工

組み立てていく内、不具合が発見する事は多数あります。

NS-1の特注ロングクラッチワイヤーで、TZRのエンジン側の固定フックに掛かりません!!

ワイヤーが短い&アウターが長い、 ワイヤー伸ばす事は不可能なので、アウターを短くして、ワイヤーを長くなるよう加工します。

R0012892 

カシメてありますが、ライターで炙って抜きます。

R0012893 

アウターの外側被覆を剥きます。

R0012894 

中のコイル状の物を取ります。

とても硬いです。 中のワイヤーにダメージを与えないよう慎重に・・・

R0012895 

元に戻します。

R0012896 

お蔭様で固定することが出来ました。

GARAGE 真琴

|

« 馬鹿1号 前後足回り組み上がり | トップページ | 馬鹿1号 フロントマスターシリンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/55984532

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿1号 クラッチワイヤー加工:

« 馬鹿1号 前後足回り組み上がり | トップページ | 馬鹿1号 フロントマスターシリンダー »