« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

馬鹿1号 フロントマスターシリンダー

フロントブレーキラインのエア抜きを開始したら・・・

大部エア抜けていると思いますが・・・

思いっきりレバー握ると底付きしちゃいます。

R0012905 

マスター径が合ってないんかな?

1/2マスターから14ミリマスターへ交換

R0012907 

そこそこ感触が良くなりました。

しかし・・・1/2マスターの方、内部部品全て新品、再塗装したのに・・・

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

馬鹿1号 クラッチワイヤー加工

組み立てていく内、不具合が発見する事は多数あります。

NS-1の特注ロングクラッチワイヤーで、TZRのエンジン側の固定フックに掛かりません!!

ワイヤーが短い&アウターが長い、 ワイヤー伸ばす事は不可能なので、アウターを短くして、ワイヤーを長くなるよう加工します。

R0012892 

カシメてありますが、ライターで炙って抜きます。

R0012893 

アウターの外側被覆を剥きます。

R0012894 

中のコイル状の物を取ります。

とても硬いです。 中のワイヤーにダメージを与えないよう慎重に・・・

R0012895 

元に戻します。

R0012896 

お蔭様で固定することが出来ました。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

馬鹿1号 前後足回り組み上がり

R0012888

これから搭載するエンジン

R0012889

おっと、マニホールドまだやったな。

ゴム部品だから数あるストックから劣化の少ない物を・・・

リードバルブは裏返ししました。

ヤマハって、リードバルブの羽部分だけ部品取れるんだ。 今まではASSY単位と思い込んでたわ~

R0012890

真ん中のアルミパイプはYEIS穴埋めカラーです。

効果は???なので排除しちゃいますが、RZ250系のカスタムではアルミ製の大層な物があるんだよな・・・

装着!!

R0012891

よし!

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

馬鹿1号 メーターパネル仕上げ

アルミ板から切り出したメーターパネルをおしゃれにします!

カーボン風シートで

R0012886

貼り付けて・・・

R0012887

よし!なんかソノ気をさせる感じになってナイスや!

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

馬鹿1号 ガルアーム鏡面仕上げ

シルバー塗り直そうとガルアームの塗装を剥がしてたら・・・

おや・・・いい感じに光ってるなぁ!

プロトタイプのモノモノしさ感が出てるな。

よし、決まりや!

とゆうことでそのままクリア吹いちゃいました。

R0012882 

内側はシルバー塗装の手抜きです!!

ガルアーム装着!!

R0012883 

お~シルバーと比べて存在感が出てますな。

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

馬鹿1号 クアンタム風リアショック

R0012881 

赤白のデイトナショックをクアンタム風に仕上げました。

このままでは騙せないからネームを入れます。

R0012884 

よし!完璧! 3メートル近づかなければ大丈夫でしょう!

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

馬鹿1号 塗装開始!!

取り付け部品の設定はほぼ終わったからフレームなど、塗装をしましょうか。

とゆうことで全バラ!

R0012876 

R0012877 

手抜き塗装!

R0012878 

色合いが微妙?!違いますが・・・

R0012879 

タンク塗装はく離して・・・

R0012880 

プラサフ塗装

ふぅ・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

馬鹿1号 リアステー補強

やっぱりバックレストに思いっきり体重のせるとしなるわ。

後ろの馬鹿箱に荷物満載にしたらやばそうだなぁ・・・

とゆうことでこんなんなりました。。

R0012867

R0012869

厚み6ミリの鉄板から切り出し

R0012870

R0012871 

電動工具を駆使して形に」なりました。

R0012872

この様に挟みます。

R0012873

完成!!

元の純正ステーではリアキャリアを押すとステーが先に曲がってしまうに対して、補強の6ミリ鉄板では、リアショックを沈み込ませられる強度になりました!

バックレストにもたれると、カッチリした感触になりました。

ひとまず大丈夫でしょう。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

レッツノート CF-R3修理パート2

真琴は長距離の公共交通を使う時(30分程度でも)愛用しているレッツノートのCF-R3は前回ハードディスクの交換で無事復活しましたが、その以前から抱えていたトラブル、「液晶は一定の角度以外は消えてしまう」がありました。

液晶が暗くなる多くの原因は光陰管の寿命、インバータの焼損が殆どです。

しかし、ある角度で付いたり付かなくなったりするので断線っぽい感じですが・・・確証できないのでだましだまし使ってました。

末期は全閉から全開までのストロークの内、1センチ位の部分しか点かなくなりました。

でも、ネット情報で、CF-R3系はヒンジ部分液晶配線の断線が多いと。

試しに液晶配線のある部分のカバー外して、爪楊枝で配線をコチョコチョやると反応あり!

90パーセントはこの配線の断線と踏んで、新品のコードを注文し、交換しました!

R0012857 

交換はHDD交換の時と同じレベルまでバラして、液晶の蓋のツメをうまく外してコードを露出させれば簡単です。

30分程度で出来ました。 レッツノートの中身ってホンマペラペラだなぁ。

電源ONしたら見事、どんな角度でも消えませんでした!

んで、交換したコードの被覆を剥いてみたら・・・

R0012859 

白コード完全断線、赤、黒被覆一部剥けありました。

いやぁ・・・ショートして電源破損ならずよかったなぁ・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

賀正

    あけましておめでとうございます。

 本年もガレージ真琴をよろしくお願いします!!

今年はもっともっと加工&製作技術を磨いてハイレベルな

マシンが仕上げられるよう頑張ります!!

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »