« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

馬鹿1号 ナビ搭載!!

馬鹿1号製作過程で、テレビ付き小型ナビを付けると決めてました。

何故って・・・愛媛→香川間国道11号線走行中の暇つぶしですよ?あ、走行中じゃなく休憩中ですよ!

ネットで色々調べたらユピテル社のが安く評判がいいようだ。

バイク用ナビとして良く使われてます。

さらに検索して・・・YPB507si で決定しました。

これはワンセグTV付きモデルでワンセグ無しモデルはバイクに人気ですが、うちはTVが必要です!!

R0013097 

ちっちゃいな。 トランポに積んでいるナビは今から20年前カロッツェリア最上級DVDナビでフルセット30万近くしたもんな・・・

本体が車内で置く場所困る位大きく、しかも遅い。

このナビは使い捨て感覚な値段で道間違えた時のリルート案内が一瞬!!ホンマ一瞬!!

見誤って曲がる交差点通過して「あ、しもうたわ!」と思った瞬間すでにリルートされてますわ!

うちの20年前DVDナビではリルート検索完了するまで30秒は掛かります!!

進歩は凄いな。

さて、バイク用マウントはどうしましょうか・・・

多関節の専門な奴を見たら万円単位かよ!!

こら金出せないわ。 自作や!!

2時間位構想練って、3時間位工作で完成!!

R0013096 

左端はハンドルクランプタイプのミラーステー

ミニトレからお借りしました。

その上の防振ゴムは・・・

以前馬鹿1号製作で防振ミラーステーを作ったが、思いの他ゴムが柔らかすぎで防振所ではなく外した部品です。

次の鉄板はブラケットです。 溶接でくっつけてます。

隣はアルミカラー類 旋盤で削りだし。 テーパーになってます。

その上は純正のホルダー。

その純正ホルダーをいかに固定させられるかです。

んで、取り付け!!

R0013098 

問題なくフィット!!

縦の角度変更したくば、ハンドルクランプを緩めて調整、横の角度ならば防振ゴムの上ナット緩めれば!! 画面の角度はホルダーの(略) そら・・・完璧やんか!! 調整箇所はパーフェクトやん。

しかもM8ボルトナットでしっかり固定!防振ゴムの上のナットは外れないようダブルナット!!

防振ゴムがいい働きをして、防振効果絶大!!

ガレージにある部品のみ使ったから0円!!

いや、以前買った部品だし、旋盤やら溶接機やらあったから作れたけどな。

ナビ本体付けてみた。

R0013100 

TV付きナビ、時計、ドリンクホルダー、方位磁石・・・

方位磁石は暇つぶしですよ。 走っている方向が北なら・・・

「ここから直線1100キロ先北海道か・・・北海道時代はいろいろあったな・・・」 

な感じで走行しながら回想して時間を潰すわけです。

そうだ、後は携帯電話ホルダーや!! それとUSB電源取り出し口や。

にぎやかなハンドル周りになったな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

馬鹿1号 ほぼ完成かな

苦節の2年(1年は放置)くだらない理由から始まった馬鹿1号はほほ完成しました。

R0013093

R0013094

R0013095

いや~ 社外部品は極力使わず、純正流用で、ありえない組み合わせでやったんだけど・・・

意外と形になったなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうなるとは思わなかった。

90年代湾岸走り屋にはウケるデザインかな?

馬鹿BOXも違和感無くマッチしてるし!

トータルデザインは決めず、使いたいパーツ優先でチョイスした結果、最高な偶然の産物となりました。

残りはキャブセッテイングと快適さを求めて各部調整だな。

GARAGE 真琴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

馬鹿1号 ミラーステー完結編

やっとミラーステーが届きました。

R0013088

早速取り付け

R0013089

R0013090

まぁ、こんなもんだな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

馬鹿1号 バッテリー

ミラーを取り付いたら公道デビュー!!

しかし、今はハンドルクランプ到着待ち。

バッテリーが駄目にならないように最後まで取り付けなかったバッテリーを取り付けます。

中華の激安は当たり外れ大きいから、ちょっと高めの台湾ユアサ製にしました。

R0013082

バイク暦何十年なんですが、MFバッテリーの液注入は初体験です!!

こうやればいいのか

R0013084

ある程度読めますな!

R0013085

最後に蓋。 1個ずつやろうとしたら泣きを見ます。

均等に一気にやらないと。 真琴はそれを知らず、泣きを見るところでした。

R0013086

そして、秋月電子製の充電器で充電!!

キットのままでも十分ですが、うちは電流計と電流調整ボリュームやら充電完了ランプやら取り付いてます。

R0013087

これでバッテリー出来上がり!

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

馬鹿1号 ミラーステー改善

いや~早朝の地震はびっくりしたわ~

寝てたんですが、初めの地響きで目覚めてそれから揺れました。

結構長~く揺れましたが、その時は震度3位だろうなと思いましたが、ネット速報見てあらびっくり!! 震度5弱でした!!

やっぱりね~ 普段から避難訓練とか積み重ねないといざとなったら天を見上げるだけで何も出来なかったんですわ~

色々地震などの災難に対しての意識を変えさせられました。

今日から南海地震対策で防災用品品切れが続くだろうな。

さて、馬鹿1号ですが・・・


やはりダサいですよ。 おまけに後ろ見える範囲狭いですよ。

ミラーが遠いからそりゃそうなるわな。

ミラーを近くする為にはハンドルに取り付ける事になるなぁ。

どうやって固定するか・・・

ミニトレに付いているハンドルクランプのミラーホルダーを借りて・・・

R0013078 

R0013080 

おお!!よく見える!! でもステーが・・・

せっかく伸ばしたステーを切っちゃいました・・・

R0013081 

あ~あ、溶接する前に色々試せばよかったなぁ・・・

それに、苦労して作ったフレーム側のミラーステーも無駄になったなぁ。

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

馬鹿1号 ミラーステー延長

そろそろ公道デビュー間近で、保安部品点検。

う~む、ミラーの見える範囲狭いな。

もっとワイドにさせたいな。

ガムテチューンでワイド化!!

R0013067

こんなもんかな。

じゃ、延長するか!!

適当な鉄棒にミラーステー

R0013070

ミラーステー長くなると上に上がるからステーを曲げます。

R0013071

左右とも同じ角度で曲げられました。

R0013072

溶接前の下準備

R0013073

溶接完了!!

R0013074

え?左右とも繋がったまま??

半分切ってな・・・

R0013075

完成!!

フィッテイング感は・・・

R0013076

R0013077

なんか・・・見える範囲があまり変わらず・・・ ダサくなってる・・・

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

馬鹿1号 Rブレーキシステム不具合

前回はコピーマスターシリンダーの不良、Rキャリパーシール溝の掃除不足のトラブルがありましたが・・・

今度は、リサーブタンクからマスターへつながるホースの不良です。

良く分からないけど時間経つとそのホースにフルードが付着します。

もう駄目だわ!!本気でコピー製品買わんわ!!

とゆうことで、ホースもNSR50純正のを変えました。

R0013065

純正のホースの肉厚が5ミリあるに対してコピー品は1ミリ位しかありません。

フルード漏れはありません。

R0013066

コピーの駄目になったマスター、ホース。

リサーブタンクは未使用です。 いくら安くでももう本気でコピー品は買わん!!!

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

馬鹿1号 Rブレーキキャリパーのトラブル

エア抜きをとりあえず完了したブレーキ周りですが、リアタイヤの辺りに何やら液体が付着しとる。

何だろう?

リアキャリパーを触ったらフルードでベトベト!!

なんじゃこりや~?

何度もエア抜き作業しましたが、漏れて来る。

キャリパーを外して見ると、なんと!!

ピストンが飛び出して来るに釣られてシールの一部がめぐれて出て来てますよ!!

あちゃ~ 組み付けミスか・・・ せっかくシールを新品にしたのに、めぐれた部分、傷が入ってるかも知れないから新品注文やなぁ・・・ ゴムシール2個で1450円ですよ・・・

新品シールが来て、早速組み直し!

エア抜きさせてると・・・

やはりシールからフルードが漏れる・・・

何だろう?? ピストン錆があったので1000番ペーパー&ピカール磨きでクリアランスが減ったのか?

いや、外径が変わるほどアホみたいに研いてないから違うやろ・・・

もしかしたらピストンに食われた点錆からにじみ出るのか?

ピストンが原因なら新品で4000円もするわな。

注文する前に禁断のピストン逆付けで原因解明しょうとした所、400mlあったブレーキフルードが底付きました。

モノタロウで買ったフルードで再チャレンジ!!

これなら漏れねぇだろ!!



いや、漏れました。

なんじゃこりや? キャリパー不良品か?

そこで、ブレーキレバーをカシカシ圧力を掛けるようしてたら、マスターシリンダー付近からフルード漏れ!!

なんだこれ? 内部からフルードが滲み出てます。

R0012933

このマスターシリンダーはヤフオクに売られているNS系の互換マスターシリンダーで、作りが粗いです。

だめだこりゃ、もう、海外製のコピー品は買わん!!



フロントのブレンボコピーも、タッチがちょっと怪しいし・・・ブレーキホースもちょっと怪しい・・・



手持ちの純正NSR50のマスターシリンダーと組み替えたら、明らかにタッチが変わりました。

でも、相変わらずリアキャリパーからフルード漏れる・・・

適当な物をピストン挟ませて油圧力を掛けると・・・

シールの一部が圧力に負けて外側へ膨らむ様子を観察出来ました。

何だこれは?

もう一度全バラして、シール溝を確認すると、うっすらとフルードの固まった物が確認出来ます。

キャリパー側のゴム溝はOH時傷付かないように爪楊枝やら割り箸で固まったフルードを掻き出してました。 もしかしたら、まだカスがあるのかな?

今度は精密マイナスドライバーなど、硬い物で徹底的に掃除しました。

そして、組み付けてエア抜き・・・

漏れませんでした!!!

溝に残っていた固まったフルートの薄い膜が原因でゴムが変な具合になって漏れてましたわ。

0,1ミリも満たない厚みでトラブルを起こすんだなぁ・・・ 自己解決出来て良かったわ!

一連のトラブルで分かった事ですが、TZR50,TZR50RのRキャリパーのピストンは初めから逆付けなんですね。 TZM50Rは通常付け、ピストン、シールは同一です。 何でだろうなぁ?

R0012934

馬鹿みたいにエア抜きしまくってピュッピュッやって、600cc位の新品フルードを染み込ませた布です。

R0012935

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

馬鹿1号 ガソリンタンク仕上げ

パープルメタリックを塗って、198円のクリアーを吹いて仕上げたガソリンタンクですが、 198円缶スプレーはガソリンに対して免疫が全くありませんでした。

よし、ウレタンクリアを吹く前にパーツクリーナーでタンク表面を拭こう。

ウェスにパーツクリーナー付けてタンク擦ったら・・・お~~~~

パーツクリーナーでも198円スプレーは溶けちゃいます!!

擦った所がちょっと白く濁ってしまったなぁ・・・

まぁ、大丈夫やろ。

そして、2液混合させて良く振って吹きました!

一缶全部使い切りました。

仕上がりは

R0012931

何も考えないで吹いただけでピカピカです!!

GARAGE 真琴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »