« 三輪車 タンク&ワイヤー交換 | トップページ | 三輪車 すごいタイヤ! »

2014年4月22日 (火)

三輪車 駆動チェック

キャノピーのエンジンはディオ系とほぼ同じの情報を得て、「昔、ヘタレG’チューンした真琴は何とかなるだろう!」と思いバラシに入りました。

・・・・・ そこまで外さないとあかんのか・・・

初めてケースカバーを外すまで2時間位は掛かりました。

バイクショップがジャイロキャノピーの修理嫌がる理由分かりましたわ。

今は修理でなくセッテイング。 セッテイングはトライ&エラーの回数をこなす訳だから先が思いやられるなぁ・・・

プーリーとクラッチご対面!

R0012936

R0012937

R0012944

ローラーが・・・!

R0012945

こんな磨耗初めて見ました!

プーリー表面波打ってます。

R0012946

重量があるからかなり負担掛かってるだろうな・・・

このままではテスト走行出来ないので手持ちのヘタレG’エンジンからプーリーを拝借!

R0012947

これはベリアルサービスの奴だわ・・・

このエンジン組み立てた頃の真琴はレッドゾーンがパワーバンドとか、水冷化すれば最高速が上がるとか無知識やった頃やったな・・・

R0012948

左がG'に付いていたプーリー・・・ 今改めて見ると当時の真琴の無知識さが現れてますな・・・ アレだけ高価パーツを付けて、プーリーの最大変速位置がコレなんだもんな・・・ 

走行結果、こんなもんかな? しっかし・・・遅い・・・

とお客様から「面白いもん買ったから受け取りよろしく」と・・・ 何じゃろ?

<>

<>

GARAGE 真琴 

|

« 三輪車 タンク&ワイヤー交換 | トップページ | 三輪車 すごいタイヤ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/58658221

この記事へのトラックバック一覧です: 三輪車 駆動チェック:

« 三輪車 タンク&ワイヤー交換 | トップページ | 三輪車 すごいタイヤ! »