« 三輪車 エンジンOH | トップページ | ハイR フォークのディスク化 »

2014年6月11日 (水)

新たなお仕事

ジャイロキャノピーは一応終わらして一段落していたところ、オーナーさまが新たなバイク買ったそうです。

ソレは・・・ ハイR です。 スズキのスクーターで後方排気のアレです。

オーナーさまからこのハイは速いぞ~

90年代のスク乗りの会話ではメーターの針がメーターパネルの日本精機ロゴの「NS」の文字まで行くとかの話はしますが、ハイの場合は「一回転」と話してきます。

ハイのメーターは丸型で半分スケールが60キロ 1回転で約100キロ ハイ乗りは「メーター針一回転」がステータスの様です。

さて、依頼内容は 「アドレスV100のフォークをハイに付くようして顔はハイのままで」

V100のフォークを持って来ましたが、真琴からの願いで50系のセピアZZとかのフォークにしてもらえませんか?

オーナー様 「V100フォークでやってくれ!」

セピア、V100両方とも触りまくっている真琴はここで絶句しました・・・

セピアZZならほぼボルトオンで付きますが、V100フォークだと、50流用の為、補強でステムシャフトの下側に補強パイプを被せて溶接されています。 その部分のみステムの太さが太くなり、取り付けられないのです。

なので補強パイプを破壊する余分な作業が入り、削る事で精度を維持出来るかかなり不安あります。

やってみないとわからないと言うことで承知してもらい引き受けました。

何とかなるかなぁ・・・・?

|

« 三輪車 エンジンOH | トップページ | ハイR フォークのディスク化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/58659647

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなお仕事:

« 三輪車 エンジンOH | トップページ | ハイR フォークのディスク化 »