« 新たなお仕事 | トップページ | ハイR ディスク化 その2 »

2014年6月17日 (火)

ハイR フォークのディスク化

ハイ(セピアZZ系)とV100のアンダーベアリングレースの太さ違い

R0013166 

太い方がV100

ここが絶句の元 補強パイプ

R0013168 

破壊開始!

手前の溶接部分を剥がせば抜けるだろうと目論みました。

R0013169 

R0013170 

R0013171 

完全露出しても抜けない!!

圧入か・・・?

しょうがないのでチマチマ全部削りました。

鉄粉だらけで3日くらい掛かりました。

付け根の部分も溶接されているっぽく全然取れません。

R0013173 

ここはベアリングレースを圧入する、精度的に一番大事な部分。

リューターで慎重に削って・・・

ベアリングレースが入る太さのカラーを削りだして・・・

R0013177 

圧入!

R0013179 

圧入カラーの回り止め&抜け止めで溶接&ベアリングレース圧入

R0013182 

ふう・・・ 50系フォークならこの作業はしなくでもいいんですが、何とかなりました。

<>

<>

GARAGE 真琴 

|

« 新たなお仕事 | トップページ | ハイR ディスク化 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイR フォークのディスク化:

« 新たなお仕事 | トップページ | ハイR ディスク化 その2 »