« ミオ125 純正駆動加工 | トップページ | ハイR エキパイオフセットスペーサ »

2014年10月31日 (金)

リード100 クランク外し再挑戦

苦戦しているリード100のクランク外しでホンダから販売されている特工を真似て作りました。

まず、表面のでかいナットを外す工具

P1000232 

P1000234 

P1000236 

こういう風に旋盤で削り出して溶接します。

P1000238 

結果は外せました!!

しかし、まだクランク抜けません。

次はクランクプーラー!

P1000239 

先っぽのは先ほど外したナットです。

半自動では綺麗に溶接出来ない・・・早くアルゴンガスが欲しい・・・

P1000241 

この様にしてセルギアを引っ張り出します。

もうね、メーカーと同じような工具だからほぼ外せるだろうとタカをくぐっていましたが・・・・

セルギアプーラーが何か妖しい感じ&手ごたえを感じ、破損危険と感じて中止しました。

抜けん!!

ほんと、M6ボルトなら100%ねじ切るか、ボルトの頭を千切れさせる自信あるトルクを掛けてもピクリともせん!!

あかんわ・・・ OH部品購入してるし・・・止めるわけにはいかん・・・

どうしょうかな・・・

GARAGE 真琴

|

« ミオ125 純正駆動加工 | トップページ | ハイR エキパイオフセットスペーサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/58688914

この記事へのトラックバック一覧です: リード100 クランク外し再挑戦:

« ミオ125 純正駆動加工 | トップページ | ハイR エキパイオフセットスペーサ »