« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

リード100 クランク外し再挑戦

苦戦しているリード100のクランク外しでホンダから販売されている特工を真似て作りました。

まず、表面のでかいナットを外す工具

P1000232 

P1000234 

P1000236 

こういう風に旋盤で削り出して溶接します。

P1000238 

結果は外せました!!

しかし、まだクランク抜けません。

次はクランクプーラー!

P1000239 

先っぽのは先ほど外したナットです。

半自動では綺麗に溶接出来ない・・・早くアルゴンガスが欲しい・・・

P1000241 

この様にしてセルギアを引っ張り出します。

もうね、メーカーと同じような工具だからほぼ外せるだろうとタカをくぐっていましたが・・・・

セルギアプーラーが何か妖しい感じ&手ごたえを感じ、破損危険と感じて中止しました。

抜けん!!

ほんと、M6ボルトなら100%ねじ切るか、ボルトの頭を千切れさせる自信あるトルクを掛けてもピクリともせん!!

あかんわ・・・ OH部品購入してるし・・・止めるわけにはいかん・・・

どうしょうかな・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

ミオ125 純正駆動加工

タイヤマハのミオ125の駆動はどんな感じなんだろう??

P1000242 

開けて見ると見慣れたヤマハ系駆動です。 当たり前か。

P1000243 

プーリーの外周にちょっと余裕あります。

P1000251 

いつもの加工で

P1000254 

P1000258 

プーリー形状はホンダの原付2種っぽいな。

これでプーリーの外側いっぱいまで移動出来るはず。

オーナーの好みでこのバルブを入れます。

P1000257 

テストコースで試走結果、プーリーの以前のブラックマークより外側へ移動していることを確認できます。

P1000265 

そして完成!!

P1000259 

P1000262 

このミオ125はタイヤマハ製で、このカラーはバレンティーノ、ロッシの限定カラーです。

ヘッドライトカバーの真ん中に「46」のステッカーがあるはずですが、限定でもう廃盤なので入手できませんでした。

テスト走行の時、V125Sとテスト場で並走しましたが、全てにおいてミオ125の方が上回ってました!!

最高速はおそらく5キロ程度の差ですが、そこまでの到達時間で大差付けられます。

もしかしたら国産シグナスより速いかもしれん。

ああ、ミオ125欲しい・・・でもタイヤが東南アジア独有の細く14インチホイールなので・・・ 10インチでないと・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

タイからの贈り物

タイからミオ125のパーツが届きました。

何故かカワサキの箱でした。

「カワサキか・・・」

P1000207

早速新品ハンドル取り付け!

P1000227

はい、フレームがまっすぐになってます。

そして、割れたハンドルカバーなど新品にして組み立てて完成!

P1000244

と思ったら、駆動系を例の加工を!とオーナーから連絡が・・・

タイヤマハの駆動系はどうなんだろう??

GARAGE 真琴

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

リード100 クランク外し

リード100のクランク外しでクランクセパレータを使えばセルギアを外せるという情報を得て、クランクセパレータを購入しました。

P1000199 

早速取り掛かります。

P1000200 

クイクイ締め込みますが・・・

ちょっとセパレータ本体がしなってるよ?

このままではクランクケース破損する勢いですよ!

破損危険を感じて中止。

結局セパレータでは外せませんでした。

ホンダから出ている特工を使わねばあなんのか・・・?

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

ミオ125

リード100のクランクケース半分は取れたけど駆動側はセルギア圧入を解かないとクランク摘出できません。

工具無いし、情報もあまり無いのでしばらくお預けしてミオ125の方やります。

いきなりですが、事故車の様で目視で分かるほどフレーム曲がってます。 それの修正依頼です。

P1000174

少ない頭をフル回転して固定方法考案して、そこまでまっすぐさせました。

P1000177

これで終わりではありません。

ミリ単位修正で、工事現場働いた事がある真琴で、ある測定方法を思い出して実行しました。

その測定方法はオリジナルアイデアなのでスミマセンがお見せ出来ません。

ハンドルもこの様に曲がっています。

P1000171

P1000183

修正を試しましたが、固定方法の難しさと曲がっている箇所が複数の為、カウルと共に新品購入となりました。

センスタも曲がっていましたので修正。

P1000185

足の平に鉄パイプ溶接して炙って戻す手法でやります。

P1000186

直しました。

P1000189

あとは新品ハンドルなどタイから入荷待ちです。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

リード100 エンジン下ろし

やっぱり火が飛んでも掛からない。

何度かキック、セル回ししていると突然クランクがロックする時がある。

それが段々クランクの回りが重くなって行く。

もしや、クランク回りのトラブルか・・・?

エンジン下ろしました。

P1000159 

シリンダーは問題ない

P1000161 

ピストンにちょっと傷が・・・

P1000162 

この傷は抱いたとかじゃなく、固い異物混入で引っかいた感じ。

クランク割ります。

P1000164 

ベアリングは大丈夫っぽい?

P1000165 

でも、この状態で回りが悪いし、こんなカスが出ます。

P1000166 

反対側ベアリング破損ほぼ決定的かな。

でも・・・リード90、100系はセルギアが圧入されてるんですね・・・

それが嫌で手を出さなかったんですが、どうやって外そうかな・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »