« タイからの贈り物 | トップページ | リード100 クランク外し再挑戦 »

2014年10月23日 (木)

ミオ125 純正駆動加工

タイヤマハのミオ125の駆動はどんな感じなんだろう??

P1000242 

開けて見ると見慣れたヤマハ系駆動です。 当たり前か。

P1000243 

プーリーの外周にちょっと余裕あります。

P1000251 

いつもの加工で

P1000254 

P1000258 

プーリー形状はホンダの原付2種っぽいな。

これでプーリーの外側いっぱいまで移動出来るはず。

オーナーの好みでこのバルブを入れます。

P1000257 

テストコースで試走結果、プーリーの以前のブラックマークより外側へ移動していることを確認できます。

P1000265 

そして完成!!

P1000259 

P1000262 

このミオ125はタイヤマハ製で、このカラーはバレンティーノ、ロッシの限定カラーです。

ヘッドライトカバーの真ん中に「46」のステッカーがあるはずですが、限定でもう廃盤なので入手できませんでした。

テスト走行の時、V125Sとテスト場で並走しましたが、全てにおいてミオ125の方が上回ってました!!

最高速はおそらく5キロ程度の差ですが、そこまでの到達時間で大差付けられます。

もしかしたら国産シグナスより速いかもしれん。

ああ、ミオ125欲しい・・・でもタイヤが東南アジア独有の細く14インチホイールなので・・・ 10インチでないと・・・

GARAGE 真琴

|

« タイからの贈り物 | トップページ | リード100 クランク外し再挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/58688869

この記事へのトラックバック一覧です: ミオ125 純正駆動加工:

« タイからの贈り物 | トップページ | リード100 クランク外し再挑戦 »