« ゲームセンター真琴 その3 | トップページ | NS-1改125 エンジンマウント »

2015年10月30日 (金)

ゲームセンター真琴 その4

PCを組み込んで見ました。

 

液晶モニタの視野角でモニタはある程度角度つけて配置しましたが、想像以上駄目でしたので、逆さまにしました!

 

P1010088

 

PCですからモニタの天地逆設定できますからその技が使えます。

 

これなら問題なし!!

 

インストカードも拘ろう!! 手持ちの基板の中からコピーしてチョイス!

 

P1010089

 

PCスピーカはアンプが無いと聞こえないのでずっと新品眠ってたソーテックの付属スピーカをばらして・・・

 

P1010090

 

P1010093

 

右のアンプ基板を取り出します。

 

真っ暗ですが、取り出したアンプはこの様にして、筐体に付いてたスピーカへ配線しました。

 

P1010097

 

 

 

PCのスイッチ配線延長

 

P1010098

 

P1010099

 

デルのパソコンはネジは使わない構造なので初見では分解する時悩みます。

 

そして、内部のサービスボタンを流用してテーブルの外側下に電源ボタンを配置します。

 

P1010100

 

そこそこ完成か。

 

P1010101

 

P1010102

 

いや~苦労したわ~

 

おっと! 通常は10円位(1円と500円玉以外は入ります)入れてプレイしますが、「接待」時はお金を入れてもらう訳には行きません。

 

 

 

なので、カイジの様なイメージで・・・

 

 

 

ざわ・・・

 

ざわ・・・

 

これが・・・・

 

 

 

噂の・・・

 

「接待ボタンか!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010105

 

コインセレクタのスイッチと直結ボタンです。

 

「接待」ということで高級感を出すために例のメッキ調スプレーで気合入れて塗りましたが・・・

 

軟質塩ビと相性が悪くデロデロになり、押したくでも汚くて押しづらいボタンになってしまいました。

これで「ゲームセンター真琴」のゲーム機が完成しました!

元々は昔の駄菓子屋によくあった「オレンジ筐体」が欲しかったのですが、めったに無く、高価ですし・・・次点でセガのアストロ筐体も考えましたが、アップライトで使わない時はかさばるので、安価で使わないときは机代わりになれるテーブル筐体になりました!

皆様遊びに来るときは10円玉対応ですが、5円玉などを使わず、ちゃんと100円玉を入れてジャンジャン遊んでうちの小遣いを増やして下され~

GARAGE 真琴

|

« ゲームセンター真琴 その3 | トップページ | NS-1改125 エンジンマウント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/58829926

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームセンター真琴 その4:

« ゲームセンター真琴 その3 | トップページ | NS-1改125 エンジンマウント »