« ローロングV100 マフラー加工 | トップページ | C6旋盤 修理 »

2016年12月24日 (土)

馬鹿1号ガソリンタンクサビ落し

サビ落し液で漬け置きしたタンクです。

 

 

 

そろそろ大丈夫かな?

 

P1010579

 

ネットで知ったんですが、サビ落し後処理で「亜鉛メッキ処理」というのをやってみます。

 

 

 

亜鉛板はマンガン電池の鉄カバーがそうだそうです。

 

ガレージにあったので分解します。

 

P1010581

 

亜鉛板側+極タンク側ー極にしてショートさせないよう浸します。

 

P1010587

 

電圧電流は乾電池1~2本程度が効率いいという話ですが、真琴は時々12V2Aをブッ込ませました。 通常は3V程度で。

 

シュワシュワシュワ・・・反応してます。

 

P1010589

 

 

 

最終的に亜鉛板はこうなりました。 あれ・・・ちょっとしか溶けてない・・・ ネットではボロボロな感じで溶けていたんだけど・・・

 

 

 

まぁ、すぐ乾燥させて混合オイルで養生して完了しました!

 

 

GARAGE 真琴

|

« ローロングV100 マフラー加工 | トップページ | C6旋盤 修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/60293504

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿1号ガソリンタンクサビ落し:

« ローロングV100 マフラー加工 | トップページ | C6旋盤 修理 »