« 旋盤で逆ネジ切り挑戦! | トップページ | KSR80 修理 »

2017年2月 9日 (木)

ローロングV100 F組み立て

そろそろ完成間近のローロングV100。

 

フロント周りのブレーキシステムを完成させましょう。

 

 

 

カメファクのビッグローターです。

 

P1010600

 

エア抜きさせてもリターンがおかしい。

 

つまり、ピストンは飛び出すけど戻す事が出来ずロックしてしまう。

 

色々調査しましたら原因判明。

 

マスターシリンダー側のリターンオリフィス穴が錆で塞がれていました。

 

P1010601

 

荷札の針金やらワイヤーロック用針金やら高圧エアで開通させました。

 

P1010602

 

キャリパー側のシールはNGっぽいので新品交換しました。

 

P1010604

 

P1010605

 

完成!

 

P1010607

GARAGE 真琴

|

« 旋盤で逆ネジ切り挑戦! | トップページ | KSR80 修理 »

コメント

中華の新品マスター買った時、そこの穴が貫通していなくて、いくらやってもエアが抜けないことがありました…`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

投稿: まつーんふぁくとりー | 2017年2月12日 (日) 18時58分

まつーん様コメありがとうございます! 正月のウィリーターン画像イケてますね!! うちは懐かしい「ザ・ストリータVol5」の中でウィリーかましてます!いつもはノマフでしたがその日チャンバーやったもんで、ヘタレウィリーでした・・・ 一時流行った中華パーツはもう懲りましたわ~!

投稿: Garage真琴 | 2017年2月13日 (月) 22時04分

はじめまして、突然で、すいませんが、VTzのプロアーム仕様で、非貫通のピボットシャフトの加工を、どのようにしたのか、詳しく教えて頂けないでしょうか? 当方その辺りを、どうしょうか、悩んでいる所でして、よろしければ、お力添え、よろしくお願いいたします。

投稿: 石川 | 2017年10月16日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/60293681

この記事へのトラックバック一覧です: ローロングV100 F組み立て:

« 旋盤で逆ネジ切り挑戦! | トップページ | KSR80 修理 »