« アルミ溶接練習 レバー修理 | トップページ | 新エンジン購入! »

2018年3月 3日 (土)

スカッシュ250 フォーク問題

例のスカッシュ250です。

 

DSCN2293

一見、うまくまとまっている様見えますが、異車種移植や、スワップとなると色々な問題が発生します。

この様に「フォーク問題」を抱えています。

 

DSCN2294

 

純正と同じ車高を維持するにはこうしなければいけません。

 

そのままストローク0にして、飛び出たインナーカットすれば解決は出来ますが、見栄や、走行性が問題です!

 

真琴は両方とも解決させます!

 

DSCN2361

 

はい、やっちゃいました!

 

純正と同等ストローク量を確保しつつ、全長を短くさせました!

 

そこに行き着くまで頭悩ましながらこんなに作りました・・・

お蔭様でフォークとはどう言うものなのかかなり勉強しました!

躍動面にわずかな少しのズレがあったら「アウトー」なので冶具製作の方が何倍もコストが掛かり精度も大変でした。

 

DSCN2375

 

 

 

うん、いい感じ!

 

DSCN2376

 

フェンダーが無いと間抜けだなぁ。

 

カウルカット無し!

 

DSCN2377

 

ギリギリです!

 

DSCN2378

 

これて完成への道が開かれました!!

GARAGE 真琴

|

« アルミ溶接練習 レバー修理 | トップページ | 新エンジン購入! »

コメント

フロントフォークいい感じですね。

投稿: たつきち | 2018年3月 3日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198999/65847268

この記事へのトラックバック一覧です: スカッシュ250 フォーク問題:

« アルミ溶接練習 レバー修理 | トップページ | 新エンジン購入! »