2018年5月 8日 (火)

エイプスイングアーム 回り止め部品

エイプのリアディスク化でエイプスイングアームは純正キャリパーの回り止めがありません。

 

サンドイッチ状のボルトオンの物が販売されていますが、外見が・・・

 

ならば、何とかしますか!

 

 

 

DSCN2429

 

旋盤とフライス盤を駆使してこのような物を作りました。

 

キャリパーブラケットがNSR50かNS-1によって溝が逆になります。

 

狙った位置に・・・

 

DSCN2430

 

溶接!

 

DSCN2431

 

完成! 問題なく使えてます。

 

DSCN2432

 

エイプスイングアームはゴミにならず済みました!

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

スカッシュ改250cc  「馬鹿ッSH」 完成!

1年半くらいの「構造思案」という放置期間を含めておよそ3年 ようやく完成致しました。

スカッシュ改 フュージョン250ccエンジン搭載のスカッシュ 

その名は        「馬鹿ッSHニーハン」 です。

ポイントは、小さなスカッシュに車高変更や、カウルカットをせずフュージョン250ccエンジン搭載、テレスコピックフォーク化&8インチディスク化されています。純正のスタイルを大事にし、部品も社外を使わず純正流用で仕上げました! (リアショックも何とかしたかったのですが・・・マフラー?チャンバー?の形状は真琴の独断の好みですのでお許しを。)

 

正面写真!

DSCN2422

 

見た目、ロンホイ&イカツイチャンバー装着しただけの純正のスカッシュに見えます。

中身は約20馬力の心臓を持つフュージョン250ccのエンジンです!

クランクケースカバーの大きさとリアショックの長さが物語ってます!

 

車高は純正と同じです!

 

DSCN2423

 

フロントは純正加工の嵐です!キャリパー、ディスク以外は全て手を加えてます!

 

ステム打ち変え加工、フォークアウター&インナーショート加工、8インチ+10インチホイール融合ディスク化、メーターギア8インチ対応加工。

 

スカッシュ専用サイドスタンドは1万超える高値なので、ミントのサイドスタンドを加工流用。

 

DSCN2425

 

フロントブレーキマスターが増設されている以外は純正のままです。 スピードメーターは1回転以上回ります!!なので最高速は不明です!!スピードより命の危険の方が・・・

 

DSCN2419

 

限界まで詰めても構造上仕方なくチョいロンホイ。

 

Jhaサイレンサーとその角度がとってもアグレッシブで大好き!

水冷エンジンですのでラジェーターの位置はすごく悩みました。 よく見ないと分からない位置に鎮座しております。


そういや、エンジンスワップの副作用でスカッシュ水冷化になってんだな!!

DSCN2417

 

ほんの少しの引っ張りタイヤ。 

 

DSCN2410

 

’90年代はこんなカッキーンとサイレンサーが天を向いて、反対側からもサイレンサーが見えるチャンバー流行りましたね!

 

雨が降った後のエンジン始動は後方確認!! イカスミを吹きますから!

写真をみて、これはハリボテやん?と言う方が多数いらっしゃいますが、ハリボテでなくちゃんと始動し、走れます。

チャンバーエンドからバンバンと火を吹き、アフターファイアします! それはキャブセッテイングで解決させましょう。

前後ともサスペンションが作動しますので乗り心地はGoodです。

ホイールベースがショート+タイヤサイズ縮小の為ギア比がローの為、発進でアクセル煽るたんび、パワーウィリーしやがります。

コーナーリングはほぼ違和感無くクリアし、心配していた振動は、オリジナルラバーマウンドで2スト同等レベルです。

いや~大変だった・・・ でも楽しかった!!!

スカッシュ愛好者の会の集いがあったら行きたいなぁ・・・

こんなスカッシュ250ccでも認めてくれるかなっ??

次回は三輪車の250ccスカッシュかなっ? (スカッシュ+ジャイロキャノピー+250ccエンジン??)

GARAGE 真琴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

スカッシュ250 最終仕上げ

スカッシュ250はこれでほぼOK。

 

そのまま完成・・・ではありません。

 

一回全部バラバラにします。

 

DSCN2396

 

うわ~大変だな。

 

フレームなど塗装してな。

 

チャッチャッと組み立てて・・・

 

DSCN2408

 

フロントブレーキのエア抜きをしてな。

 

DSCN2409

 

 

 

ようやく夢だったマシンが完成しました!


詳細は次回へ!

GARAGE 真琴

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

スカッシュ250 ハーネス加工

最後は電気系統 ワイヤーハーネスの加工です!

 

フュージョンって、メーターが液晶で、ウィンカーキャンセラーとか、余計な機能が入っているのでとても複雑です。

 

配線図とにらめっこしてどんどん間引いたら・・・

 

太かったフュージョンのハーネスがこんなに細~くなりました。

 

DSCN2390

 

仕上げにハーネステープで巻きます!

 

DSCN2392

 

いや~フュージョンのCDIとメインキーにマニュアルには載っていない「罠」があったんですわ!

 

解析して火が飛ぶようなりました。

 

ただのOOVじゃ駄目なんですわ~ 分かる人は分かりますね・・・最後の最後にハマる所でした。

 

次回は完成かな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

スカッシュ250 ガソリンタンク製作

バイクを走らせる為には燃料が必要です。

 

その燃料貯蔵場所はどうしましょう?

 

 

 

フレーム加工で元のガソリンタンクは消失してしまったし。

 

 

 

外部タンク?

 

 

 

いやいや、見た目純正そのままで仕上げたいのでカウル内部に収めたいです。

 

シート下で唯一開いているスペースが、テールランプの裏側です。

 

 

いろんなパーツがきっしり詰まった中限られた空きスペースで、とてもいびつな形になりますのでイチから作ります。
 

DSCN2349

 

DSCN2350

 

DSCN2355

 

DSCN2356

 

DSCN2357

 

出来ました!

 

容量は約1リットルですが・・・

 

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

シリンダーヘッドの真上、クリアランスが1センチ位なんだけど、移り熱でガソリン燃えませんか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

何でそんなに意地を張るんですか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

スカッシュ250「チャンバー」作り

よし、フォーク問題は解決しましたから、マフラー製作に入りましょう!

 

テールはJhaのサイレンサーありますのでそれを使いましょう!

え?何?4スト? サイレンサーが違う? 横浜美術館での2スト後方排気風CBR250RR、炎天魔人のyouちゃんもやってたんやん。

 

DSCN2313

 

溶接!!

 

DSCN2315

 

チャンバー本体は板金展開ツールを駆使してな。

 

DSCN2325

 

スカッシュのエンジンって何cc? 何ストだっけ? 2スト?4スト?

 

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

中身はどうなってんの?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

それって速くなるんですか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

ちゃんと計算されて製作しているんでしょうか?

「こまけぇこたぁいいんだよ!」

GARAGE 真琴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

新エンジン購入!

DSCN2307

 

アドレス110のエンジンです。

 

 

 

RS125シリンダー装着のエンジンを作りたく腰上のみ進行しましたが、腰下はなかなか・・・

 

アドレス110って・・・クランクピンが緩むトラブルが多発するのでそのままクランクが使えるエンジンを見つけるのに時間が掛かりましたわ~

 

ホイールはストマジの物なんですが、ちとデカイな・・・


愛車の’92セピアZZに装着しょうと目論んでいますが・・・

60キロの速度域からパワーウィリーの体験をしたいわ~


完成はいつになるだろう・・・?

GARAGE 真琴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

スカッシュ250 フォーク問題

例のスカッシュ250です。

 

DSCN2293

一見、うまくまとまっている様見えますが、異車種移植や、スワップとなると色々な問題が発生します。

この様に「フォーク問題」を抱えています。

 

DSCN2294

 

純正と同じ車高を維持するにはこうしなければいけません。

 

そのままストローク0にして、飛び出たインナーカットすれば解決は出来ますが、見栄や、走行性が問題です!

 

真琴は両方とも解決させます!

 

DSCN2361

 

はい、やっちゃいました!

 

純正と同等ストローク量を確保しつつ、全長を短くさせました!

 

そこに行き着くまで頭悩ましながらこんなに作りました・・・

お蔭様でフォークとはどう言うものなのかかなり勉強しました!

躍動面にわずかな少しのズレがあったら「アウトー」なので冶具製作の方が何倍もコストが掛かり精度も大変でした。

 

DSCN2375

 

 

 

うん、いい感じ!

 

DSCN2376

 

フェンダーが無いと間抜けだなぁ。

 

カウルカット無し!

 

DSCN2377

 

ギリギリです!

 

DSCN2378

 

これて完成への道が開かれました!!

GARAGE 真琴

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

アルミ溶接練習 レバー修理

フロントブレーキレバーの先端が欠けたレバーがありましたので、アルミ溶接で修復形成をしてみました。

 

DSCN2286

 

修復後

 

DSCN2288

 

それなりに出来たな。

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

コンプレッサーがぁぁぁ・・・

いつもの様にエアブローしてな。

 

エア圧が下がってコンプレッサーが回る音がします。

 

突然 「バキャッ!」と音を立ててエア圧が上がらなくなり、しかも、金属と叩き合っている音がする!

 

恐る恐るコンプレッサの所見に行ったら変な穴があるよ。

 

とりあえず分解。

 

DSCN2066

 

横側を見ると・・・

 

DSCN2067

 

拡大!

 

DSCN2068

 

さらに拡大!

 

DSCN2069

 

クランクは見えますがコンロッドが割れてます。

 

何かの原因で一時ピストンがロックしてコンロッドを破壊したようです。

 

うわぁ・・・ベルトサンダーとかボール盤買ってお金が無いのに・・・

 

メーカーに問い合わせたら・・・古すぎで修理は出来ませんとさ・・・

 

 

 

コンプレッサは必要なので大至急、同型の中古品を探しまくって・・・

 

見つけました!

 

DSCN2076

 

真琴の得意な「エンジン載せ変え」で無事復活しました。

 

は~この頃諭吉様が飛んで行くなぁ・・・

GARAGE 真琴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ガレージ製作 | ミニバイク改造 | 真琴の戯言